文字サイズ

カブシキガイシャカツラニンギヨウテン

株式会社桂人形店

雛人形・五月人形・京人形・ガラスケースの事なら
桂人形店へ

お電話はこちら

075-311-1674

京人形・木目込み人形・雛人形・五月人形
ガラスケース・木目込材料など取り揃えています

お知らせ

只今 来年の干支 子 木目込み人形材料入荷中
また 各種ガラスケースも取り揃えて販売致しております。
お持ちのガラスケースのガラス入替 バック紙張り替え 人形の入替 修理
お気軽にご相談ください。
節句の兜鎧ケース雛ケースの修理や入替致しております。

詳細情報

◇株式会社桂人形店◇
当店の取り扱い商品は製造卸直売です。職人の仕上げた商品の中から選択した良い商品を他のどこよりも安くさせて頂くことをモットーに後々のアフターサービスを第一に商売させて頂いております。

◆雛人形
ひな祭りの歴史は平安時代に遡り、雛人形はお子さんの身代わりとして災難が降りかからない様にとの願いをこめてお飾りする日本古来の行事なのです。
お雛様はお守りとして、大切に毎年お飾りお祝いする事でお子様の成長を見守って下さる事と存じます。

◆五月人形
端午の節句は奈良時代に始まり、平安時代には疫病や災厄から身を守る大切な貴族の行事でした。
鎧、兜、鯉のぼりをお飾りし、男の子の成長を願いお祝いしましょう。

◆木目込み人形
今から250年前に、京都の鴨川べりで柳の木を素材に木彫りを施し、溝を掘り、布を木目込んだ人形が、現在の木目込人形の基と称されています。
この木目込人形が江戸に伝わり、今の江戸木目人形と言われる程に発展していったのです。

◆京人形
人形は天児(あまがつ)、這子(ほうこ)等、子供の身に災いが起こらないように願って、悪い事を引き受けるものとして用いられたのが始まりと言われています。
平安時代に公家や貴族の子女達が遊んだ雛人形の原型とも言われているものになり、江戸時代に完成されました。
その他、同じ時期に御所人形、衣装人形、市松人形等も生まれ現在に至っています。

★ ケース 日本人形店 ひな人形店 五月人形店 こいのぼり店 羽子板店 ★

二次元バーコード

株式会社桂人形店2次元バーコード