文字サイズ

カブシキガイシャカネヨ

株式会社かねよ

六角通新京極東入 名物きんし丼 ふわふわ卵と極上のうなぎ

お電話はこちら

075-221-2020

明治末期創業の「京極かねよ」は、鰻料理の専門店。
京極に移転した大正時代に建てられた、レトロな香り漂う外観が目印。

イチオシ情報

京都に居ながら大正時代のお江戸にタイムトリップ出来てしまう貴重な名店
創業当時、高級品だった卵をドンと乗せ、江戸焼きの鰻と京風の出し巻きを合わせて生まれたメニュー「京極かねよ名物 きんし丼」
◎ランチタイム限定 かねよ丼 (ミニうなぎ丼とお吸い物、漬物)1200円(税込)
◎毎月最終月曜に桂米朝一門による落語会を開催しております
お丼付で2100円(税込)はお得です!
◎お元気ランチ 毎月15日 限定30名

  • 京極かねよ京極かねよ
  • 1階:テーブル34人1階:テーブル34人
  • 2階:座敷席96人2階:座敷席96人

詳細情報

大正時代の面影を感じるこの建物だけでも行く価値がある、京極かねよ。
名物はなんといっても、京極かねよスタイルの「きんし丼」。
通常のうなぎ丼の倍も出るという看板メニュー。
きんし卵が丼から大きくはみ出た様子は、インパクトも大きい。
京風の卵の生地を出し巻きのように巻かずに2つ折りにし、たっぷり空気を含ませてふわふわにしたもの。

食感はなんとも柔らかい。そして、秘伝のタレをつけあわせて江戸焼きで焼き上げる 「鰻は」 身はふっくら、味わいは濃厚な旨みたっぷりだ。ご飯には、鰻を焼くタレとは別のあっさりめのタレをまぶす。
豪快に、卵、鰻、ご飯を一緒に頬張ってみてほしい。ふわふわの卵が鰻を包んでよりまろやかなコクとなり、タレが浸みたご飯が2つの相性の良さを引き立てる。その味わいは、まさに“口福”のひと言に尽きる。


〔おしながき〕※すべて税込みです
●丼
うなぎ丼 並:2,100円 上:2,800円 特:3,600円
きんし丼 並:2,100円 上:2,800円 特:3,600円
かねよ丼 1,200円(ランチタイム午後2時まで限定メニュー)
※ミニうなぎ丼(漬物付)と、お吸い物のお得なセットメニューです。

●定食・会席
うなぎ定食 3,400円
鰻会席 7,000円(要予約)
とり定食 1,800円
松花堂  4,600円

●単品
うなぎ蒲焼き 上2,600円 特:3,300円 
うまき 900円
鯉作り 900円
八幡巻き 1,050円
茶碗蒸し 600円

きも焼 900円
うざく 900円
出し巻 600円
茶碗蒸し 600円
きも吸物 350円
赤出し吸物 450円
玉子吸物 350円
柳川鍋 1,600円
鰻紙なべ 2,500円(要予約)
鰻飛騨焼 2,500円(要予約)

●お持ち帰り
うなぎ棒寿司1本:2,100円
寿司御飯の上に、備長炭で丁寧に焼き上げた蒲焼きを乗せて〆たものです。


■京極 かねよ KYOGOKU KANEYO
京都市中京区新京極六角
TEL/FAX:075-221-0669

◇営業時間
 午前11:30~午後9:00(オーダーストップ午後8:30)
 ランチタイム
 午前11:30~午後2:00(平日のみ・日祝日・特定日を除く)
◇定休日 :年中無休
◇駐車場:なし
◇1階:テーブル席34人/2階:座敷席96人
◇ご予約は5名から40名まで、ご宴会も承ります。
※ご予算に応じて御料理致しますので、
 お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 「うなぎ丼」 秘伝のたれで召し上がれ「うなぎ丼」 秘伝のたれで召し上がれ
  • 「かねよ丼」 ランチタイムのみの限定メニュー「かねよ丼」 ランチタイムのみの限定メニュー
  • 「きんし丼」 ご存知かねよ名物「きんし丼」 ご存知かねよ名物

二次元バーコード

株式会社かねよ2次元バーコード