文字サイズ

ハギタドウブツビョウイン

はぎた動物病院

あなたのペットの幸せを守ります。 犬猫診療 

お電話はこちら

0595-65-1555

■皆様のペットを守るため気軽にお越しいただけるよう、親しみやすい病院を目指しています。
■ペットのために最善の治療を飼い主様にご説明しています。
安心して診療にお越し下さい。
■ホームページのお知らせのページに飼い主様に知って頂きたいことを載せています。
  • ●受付●受付
  • ●入口●入口
  • ●待合室●待合室

詳細情報

■各種保険─各種動物保険を取り扱いしております。
ご来院の際は保険証を忘れずにお持ち下さい。

■ペットの健康管理
・混合ワクチン=混合ワクチンは義務ではなく任意ですが、接種により蔓延している致死性の高い伝染病からのリスクを減らすことができます。
ワクチンの種類もいくつかありますので、ペットのライフスタイルにより選択することができます。詳しくはお尋ね下さい。

・狂犬病=飼い主には犬の生涯1度の登録と生後91日齢以上の犬は毎年1回の狂犬病予防注射の接種(飼育開始より30日以内)を行うことが義務つけられています。日本で狂犬病が発生したときにパニックにならないためにも必ず登録注射を行って下さい。

・フィラリア=フィラリアは飲み薬で予防できます。予防といっても、蚊取り線香のように蚊に刺されることを予防するのではありません。蚊が飛び始めた1ヶ月後から最後に蚊を見た1ヵ月後まで飲ませることになります。名張市周辺では4月ごろから11月下旬もしくは12月上旬まで月に1回薬を飲ませます。飲み始めるときに血液検査をして前年度きちんと予防できたかを確認します。

・外部寄生虫(ノミ・ダニ)=お散歩コースや草むらに潜んでいて犬に寄生して大量の血液を吸うマダニ、痒みだけでなくアレルギー性皮膚炎や貧血を起こしたり、人にもうつる寄生虫を運んだりするノミなど18年6月1日に改正、施行された動物愛護管理法で(飼い主は)動物に起因する感染症(ズーノーシス)の予防のために必要な注意を払うことと定められました。マダニやノミは寄生を予防することができます。詳しくはお尋ね下さい。

<営業内容>
*犬猫診療・入院

犬・猫
入院設備

駐車場 有(7台)

<特記事項>
犬猫その他ペットの事なら、お気軽にご相談下さい。

<交通目標>
近鉄桔梗が丘駅より車で3分。
R165号線、(旧)法務局の裏。

<休診日>
日・祝

≪対象動物≫
犬、猫

≪診療内容≫


≪予約≫


≪院長名≫
萩田 昌和


【ご案内】

[獣医師]
男性2名 女性1名

[従業員数]
動物看護師(AHT)5名
  • ●入院室●入院室

二次元バーコード

はぎた動物病院2次元バーコード