文字サイズ

ワタナベイイン

渡辺医院

三重県四日市市/渡辺医院
内科・消化器内科・小児科・循環器内科

お電話はこちら

059-365-0658

予防接種
水ぼうそう・おたふくかぜ・不活化ポリオ・4種混合・肺炎球菌・ロタウイルス・ヒブ・BCG
経鼻内視鏡検査
大腸内視鏡検査
腹部超音波検査

肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓など
頚部超音波検査
甲状腺や頚動脈の動脈硬化の程度
脳梗塞の危険性
レントゲン検査
骨密度検査
B型肝炎、C型肝炎ウイルス検査

お知らせ

初診の方は必ず保険証をお持ちください。
診療科目/内科・消化器内科・小児科・循環器内科
その他、各種健診・予防接種も行っております。
BCG接種は小児科のみの予約受付となります。土曜日の診療となりますので、事前にご予約をお願いいたします。
成人の肺炎球菌ワクチン、経鼻内視鏡検査・腹部超音波検査については予約制とさせていただきます。
ご予約受付 059-365-0658

  • 畳スペース・給茶器完備。赤ちゃん休憩室もご用意。畳スペース・給茶器完備。赤ちゃん休憩室もご用意。
  • デジタルレントゲンシステムを導入。デジタルレントゲンシステムを導入。
  • 超音波で骨量を調べる骨密度測定装置で行っています。超音波で骨量を調べる骨密度測定装置で行っています。

詳細情報

小児予防接種について
BCG接種、ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの同時接種はご予約をお願いいたします。
BCG接種、Hibワクチン・小児肺炎球菌ワクチンの同時接種は小児科のみの予約受付となります。土曜日の診療となりますので、事前にご予約をお願いいたします。
乳児健診は小児科診療時間内であれば予約なしでの診療も可能です。

ヒブワクチンについて
ヒブワクチンは、インフルエンザ菌b型に対するワクチンです。インフルエンザ菌b型は、細菌性髄膜炎を起こす細菌で、冬季に流行するインフルエンザとは異なり、ヒブ(Hib)と略称されます。このヒブに対するワクチンをヒブワクチンと呼んでいます。
インフルエンザ菌b型は、肺炎球菌と並んで髄膜炎などの感染症を引き起こします。重症化しやすく、国内では推定年間約600人が髄膜炎を発症しており、罹った児の5%が死亡、25%に後遺症(聴覚障害やてんかん等)が出るといわれています。

小児用肺炎球菌ワクチンについて
小児は肺炎球菌に対して抵抗力をもっていませんが、小児用の肺炎球菌ワクチンを接種することで抵抗力をつくり、肺炎球菌から守ることができます。
肺炎球菌は細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、中耳炎などを起こします。とくに小児の細菌性髄膜炎では、ヒブに次いで原因菌の2位を占めています。肺炎球菌による病気は抗生物質で治療しますが、現在抗生物質が効きにくい肺炎球菌が増加しており、治療が困難なケースもでています。

肝炎ウイルス検査を行っています(四日市市)。
 B型肝炎、C型肝炎のウイルス検査を行っています。まだ肝炎ウイルス検査を行ってないかたはぜひ一度検査をお勧めしています。
  • 経鼻内視鏡検査(大腸内視鏡検査も行っています。)経鼻内視鏡検査(大腸内視鏡検査も行っています。)
  • 理事長 渡辺 彰(わたなべ あきら)理事長 渡辺 彰(わたなべ あきら)
  • 院長 渡辺 真也(わたなべ しんや)院長 渡辺 真也(わたなべ しんや)

二次元バーコード

渡辺医院2次元バーコード