文字サイズ

ミズグチナイカクリニック

水口内科クリニック

鈴鹿市北江島町
内科・循環器内科/がん検診、往診・在宅医療応需

お電話はこちら

059-387-0851

鈴鹿市北江島町/内科・循環器内科
狭心症や不整脈等の循環器を中心として、高血圧、糖尿病、高脂血症や
高尿酸血症等の生活習慣病のみならず、呼吸器感染症等の急性期疾患
まで内科全般にも幅広く対応しております。また、院内はバリアフリーとなって
おり、車椅子ご使用の方にも安心してご利用いただけます。

イチオシ情報

★採血:血球計算、CRP(炎症指標)、BNP(心不全指標)は15分以内で結果が出ます。
★生理検査:多機能心電図、足首/上腕血圧比(ABI)、脈波速度、ホルタ―型心電図、超音波(エコー)、スパイロメーター
★電子カルテ、レントゲンはCRシステムにより一元管理となっております。

  • 院長:水口正人院長:水口正人
  • 院内はバリアフリーになっております院内はバリアフリーになっております

詳細情報

■内科 ■循環器内科

●狭心症・不整脈・心不全の治療
●高血圧・糖尿病・高脂血症等生活習慣病の治療
●がん検診
●予防接種
●往診・在宅医療応需
●急患随時


【糖尿病】
糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンの異常から起こる病気です。インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、血液の中にブドウ糖が溜まり糖尿病の状態となります。
糖尿病を放置しておくと、網膜症、腎症、神経障害などの合併症が起こります。食事療法や運動療法、薬物療法などをきちんと行い、血糖値をうまくコントロールして合併症を防ぐことが重要です。

【高血圧症】
高血圧症は、原因となる病気が特定できない本態性高血圧症と、腎臓病、内分泌異常、血管異常など、原因となる病気が明らかな二次性高血圧症に分けられ、本態性高血圧症が大部分(90%以上)を占めます。ここでは、本態性高血圧について説明します。
血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に対して示す圧力のことです。血液は心臓が収縮した時に送り出され、拡張時に心臓に戻ります。心臓が収縮した時の血圧を収縮期血圧(または最高血圧)、心臓が拡張した時の血圧を拡張期血圧(または最低血圧)といいます。
長期の高血圧によって、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また動脈硬化が進行すると、眼底出血による視力障害、脳血栓による手足のしびれ、冠動脈硬化による胸痛、不整脈、腎硬化症などが起こります。

=============================

【院長】
水口正人
 
【院長経歴】
1981年 東京慈恵会医科大学 卒業
1983年  〃 にて内科研修 終了、第2内科 入局
1984年 神奈川県立看護専門学校附属病院 内科医長
1985年 東京慈恵会医科大学第2内科 助手
1987年 神奈川県リハビリテーション病院 医長
 神奈川県立愛名やまゆり園診療所長兼任
 東京慈恵会医科大学第2内科講師兼任
1997年 神奈川県国民健康保険診療報酬審査委員委嘱
2000年 神奈川県リハビリテーション病院 内科部長
2004年 神奈川県リハビリテーション病院 副院長
 東京慈恵会医科大学腎・高血圧内科教室准教授兼任
 社会福祉法人かながわ共同会理事兼任
2012年 水口内科クリニック 開院
 鈴鹿市北江島町15-21

【所属 等】
医学博士
日本循環器学会 循環器専門医
日本内科学会 総合内科専門医
日本医師会認定産業医
  • 第一診察室第一診察室
  • 第二診察室第二診察室
  • ウォーターベット型マッサージ器アクアターザーQZ220ウォーターベット型マッサージ器アクアターザーQZ220

二次元バーコード

水口内科クリニック2次元バーコード