文字サイズ

ユウゲンガイシャタイシヨウケン/ホンテン

有限会社大正軒/本店

豊橋市◆みたらし団子・赤飯・かりんとう・まんじゅう

お電話はこちら

0532-52-7695

  • 有限会社大正軒
街の味。大正軒は140余年
名代みたらし、赤飯
季節の餅菓子

長い時間をかけて創りあげられてきた味を大切に、常に美味しい物を提供していきたいと考えています。ヒット商品の真似をするのではなく、自分なりに工夫したものを作り続けることが目標です。

詳細情報

あったかいね、街の味。
明治9年の創業以来、いつも街の人々とともにあった、大正軒の和菓子。
朝作る和菓子「朝生」と呼ばれ、気取らない美味しさを提供してきました。
豊橋の街と、そこで暮らす普通の人たちと、一緒に成長してきた老舗の味は、新しい時代にも美味しく、厳しく、誠実に伝えられていきます。


●みたらし団子
企業秘密の製法で、6つの工程に分けて作られるだんごは、大正軒随一のロングセラー。
厳選された米の粉の微妙な風味と、シコシコ&もちもちのバランスの良さが身上です。
中には、タレをつけずに白焼きで買い求める通もいるとか。
みたらしのタレは、甘すぎず辛すぎず、しっかりとコクがある三河伝来の味。
他にきなこ、ゴマ、草だんご(つぶし餡、こし餡)があります。

☆みたらし団子は1日数多く売れる人気ぶり
☆団子が1周する間に、焼く・たれ付けが2度行われます

●さくさくの皮とあんの調和 手詰めもなか
お歳暮やお遣い物に隠れたベストセラーとして人気がある
「手詰めもなか」。あんをもなかの皮に自分で詰めて、さくっ
とした香ばしい皮とあんの調和を楽しむ。
あんには厳選した北海道産の小豆を使い、通常のあん以上に
手間をかけてじっくり煮込んである。それを缶に入れること
で日持ちがするようになっている。あんを少し練ってもなか
の皮に詰めて食べる。作りたてを食べてほしい。
2002年度の全国菓子博覧会で会長賞を受賞。

乾燥期(秋・冬・春)限定で、かりんとう・饅頭を販売しております。

●老舗の本格和風喫茶「つばき」
大正末期に2代目が東京銀座で食べたみつまめをいち早く豊橋で始めた大正軒。
そのこだわりは今も、汁粉屋「つばき」でお楽しみいただけます。
そして、夏ならかき氷。ひと匙の氷にも、老舗ならではの美味しさが広がります。
是非1度、ご賞味ください。

<本店>
豊橋市新本町10
TEL 0532-52-7695
営業時間 9:30~18:00
定休日 毎週水曜日

 

  • 老舗の本格和風喫茶「つばき」老舗の本格和風喫茶「つばき」

二次元バーコード

有限会社大正軒/本店2次元バーコード