文字サイズ

アサクラワサイ

朝倉和裁

豊橋市の和服お仕立て処『朝倉和裁』
寸法直し、しみ抜きなど

お電話はこちら

0532-54-5788

  • 豊橋市の和服お仕立て処『朝倉和裁』
豊橋市の和服お仕立て処。
和服 呉服。
この国の美しさを支える人…

『朝倉和裁』

この道一筋 手仕事の和裁屋です。
留袖、振り袖、訪問着などの各種和服や帯、羽織、特殊物などの
仕立・寸法直し、しみ抜きなどはお気軽にご相談下さい。
  • 手仕事の和裁屋『朝倉和裁』手仕事の和裁屋『朝倉和裁』
  • 和服に関する事ならお任せ下さい和服に関する事ならお任せ下さい
  • 留袖・振り袖訪問着などの仕立など留袖・振り袖訪問着などの仕立など

詳細情報

和服の和彩・和才・和裁
和服は日本古来の美しさを凝縮した民族衣装です。
和彩それは和服に四季折々の自然を写した染めや織りの彩り、
和才それは資源の少ない和の国で生まれ、今に伝わる衣の裁縫技術 それが和裁

 日本固有の衣の技術『和裁』は資源の乏しい国の、長い歴史の中で現在まで受け継がれてきました。
「もったいない」の文化で生まれた和裁(和服裁縫)の大前提は、作り直しが出来ることです。
元来、きものでは衿肩明き以外に大きな切り込み、縫い代の裁ち落としを一切せず、織り糸一本も無駄にせず、次に作り直すことを考え、裁断・縫製を行います。
反物から「きもの」を仕立て、次に羽織といった「はおる物」というように縫い直しをかさね、最後には布団、座布団、小物、おしめ、雑巾にして布を大切に使ってきました。
クリーニングのない時代では、和服を解き、一反の状態につなぎ合わせ、洗い張り、仕立て直しといったことも、女性がそれぞれの家で行っていました。

 しかし、日本が豊かになった今日、きものを虫干ししたり、洗い張りをすることも少なくなってきているようです。
海外でのキモノづくりも、盛んに行われるようになってしまいました。そして、残念な仕立て方をしているものも、多く目にするようになってしまいました。


『朝倉和裁』では、
技能士に認定され、永年和服裁縫に携わってきた「和裁士」のみが、仕立てを行っております。

仕立て
留袖、振り袖、訪問着など各種和服、帯、袴など
仕立て替え
古くなった和服など
◆寸法直し
着にくくなった和服や、締めにくくなった帯など
その他、黄ばんでしまった裏地取り替えなど…

寸法が分からない場合や、和服の生地以外からでも和服を縫製いたします。
また、着物や帯の裏地取り寄せ、紋入れ・洗い張なども承ります。
布があれば様々な和服を作ることが可
能ですので、お気軽にご相談ください。
◆しみ抜き 

朝倉和裁
愛知県豊橋市舟原町171
0532-54-5788

  • 羽織・袴などの特殊着物も承ります羽織・袴などの特殊着物も承ります
  • 仕立・寸法直しもご相談下さい仕立・寸法直しもご相談下さい
  • 着物や帯の裏地取り寄せ、紋入れ・洗い張りも致します着物や帯の裏地取り寄せ、紋入れ・洗い張りも致します

二次元バーコード

朝倉和裁2次元バーコード