静岡県藤枝市で胃カメラ・大腸カメラなら近藤胃腸科外科肛門科へ

藤枝市で胃がん検診・大腸がん検診をお探しなら当院にお任せください。
日本消化器内視鏡学会専門医資格を持った医師が内視鏡検査を行います。
内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)で大腸がん・胃がんの早期発見・治療を行います。
胃がん・大腸がんは早期発見・早期治療により死亡率を減少させる事ができるので定期的に検診をお勧めします。
また、苦痛の少ない経鼻内視鏡検査も行っております。

このような症状がみられる時は内視鏡検査をおすすめします。

【胃内視鏡検査】
・もたれ、お腹の不快感、お腹の痛み
・酸っぱい液があがる、咽頭の違和感
・食欲低下、味覚低下、みぞおちの重たい感じ
・慢性胃炎をお持ちの方
・腹痛、黒い便
・吐き気やゲップ

 【大腸内視鏡検査】
・血便がでる
・便が細い、下痢、軟便、便秘
・お腹が張る
・体重の急な減少
・腹痛、腹部のしこり
・嘔吐、貧血

胃カメラ(経鼻カメラ)の流れ

1.胃のなかの泡や汚れを落とす薬を飲んでもらいます。
2.鼻のなかのむくみをとる薬を噴霧します。
3.始めに飲んだ薬が胃のなかでまんべんなく広がるように何度か左右へ向きを変えてもらいます。その後、右下横向きとなってもらい10分ほど時間をおきます。
4.鼻から表面麻酔の薬をゆっくり入れ、のどに麻酔をかけます。
5.細いシリコンチューブ(やわらかいゴムの管)で鼻の通りを確認します。
6.通りの良い鼻の穴に、カメラと同じ太さのシリコンチューブを通します。
7.カメラの先端にゼリーをつけて、鼻の穴の通りを確認しながらゆっくり進めていきます。

※炎症・潰瘍・ポリープなどがあれば、必要に応じて組織をごく少量とり、良いものか悪いものか検査へ出します。

大腸カメラの流れ

1.病室で2リットルの下剤を10~15分間隔 紙コップ一杯ずつ飲み進めていただきます。
2.個人差はありますが飲み進めていくうちに、便意をもよおします。大体平均トータル10回前後トイレに行きます。
3.排便するごと軟便→泥状便→水様便となってきます。便が澄んだ黄色の水のようになったら腸内がきれいになったと考え
られます。お昼近くなっても水様便がにごっている場合は医師の指示で浣腸などの処置をする場合があります。
4.血圧測定→点滴→麻酔の注射→検査 となります。
5.検査後、脱水症状にならないように点滴が終わるまで休んでもらいます。
6.点滴終了後医師より説明があり、その後看護師から簡単な検査後の食事などの指導が終わったら受付にまわっていただい
て終了となります。

※通常は午後4:00頃までには終わります。

ピロリ菌検査/ピロリ菌除菌療法

ピロリ菌は4才までに感染すると胃粘膜にすみつきます。
慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんの原因となります。

【ピロリ菌検査】
胃カメラで慢性胃炎を認めたら下記の検査を行い、ピロリ菌の感染診断をします。
尿素呼気試験:尿素を含んだ検査薬を飲み、ピロリ菌が出すウレアーゼが尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する事を利用し、二酸化炭素が増加するかを調べます
便中抗原測定:便を採取しピロリ菌抗原があるか調べます。
※ピロリ菌検査について…胃カメラをされない方につきましては検査は自費となります。

【ピロリ菌除菌療法】
除菌療法は抗菌剤を1日2回7日間内服します。
7日間続けて飲まないと治療に失敗するだけではなく、抗菌薬が効かない耐性菌が現れる事があります。
除菌が出来たかの判定は、治療終了の2ヶ月後以上経過した後に行います。
除菌できなかった場合は、抗菌剤の種類を変えて二次除菌療法が保険で行えます。

お体の気になる症状などがありましたら、お気軽にご来院下さい。

お電話はこちら

054-641-2625

近藤胃腸科外科肛門科
〒426-0072 静岡県藤枝市南新屋246-1
TEL 054-641-2625