文字サイズ

オモテジュンカンキカ

おもて循環器科

【静岡市葵区】内科・循環器内科/中町交差点北へ50m

お電話はこちら

054-254-8131

◆医療法人社団 静岡循環器クリニック◆

日本循環器学会 循環器専門医/表 信吾
日本循環器学会 循環器専門医/木村 雅彦
循環器科医師/表 俊也

詳細情報

医師3名
看護師8名
臨床検査技師3名
医療事務6名

12誘導心電図、単純レントゲン検査、トレッドミル運動負荷テスト、
呼吸機能検査などの通常の検査に加えて以下のような検査に力を入れています。

通常の心エコー検査
General Electl'ic社製の最新型エコー機器のVividE 9を使用しています。
通常の2Dエコーに加え、3Dエコー、組織ドプラー、2Dスペックルトラッキングよる心筋の局所壁運動の解析が可能です。
拡張型心筋症、肥大型心筋症、心サルコイドーシスなどの心筋病変の解析に威力を発揮します。

運動負荷エコー
今年の4月から保険収載された検査ですが、以前から有用性が認められており当院でも平成23年の初めから、トレッドミル運動負荷テスト前後に心電図とエコーをとる形で運動負荷エコー検査を施行していました。
外来検査でできるラジオアイソトープを用いた(RI検査)心筋シンチ検査は非常に高価で内部被爆もあり、MDCT(冠動脈CT)は外部被爆や造影剤使用の問題があります。
その点運動負荷エコー検査は、身体に優しい非侵襲検査です。

心エコーによる心不全の診断
心機能の解析にも心エコーは役立ちます。心臓の収縮カに関しては従来の2Dエコーでも可能ですが、EF(駆出率=左室の収縮期容積を拡張期の容積で割ったもの)が正常で収縮能力が正常と考えられるにも関わらず心不全を起こす人が増え心不全患者の半数以上を占めるようになりました。
これは心拡張能力の低下が原因で、拡張能は心エコーの組織ドプラー法などをつかって診断します。

心臓弁膜症における心エコーの役割
心エコーで弁膜症の診断、経過観察、手術時期の決定、手術後の経過観察のすべてが可能です。

24時間ホルタ一心電図
24時間ホルター心電図は不整脈疾患によく行われている検査ですが、当院では、解析作業も院内で行っています。

循環器疾患は生活習慣と強く関連しています。禁煙や減量、減塩など生活習慣の改善が非常に大切です。
当院では生活習慣の指導・アドバイスには医師とともに8名の看護師が大きな役割を果たしています。
高血圧、心臓病、不整脈などの代表的な循環器疾患だけでなく、糖尿病、肥満にかかわる生活習慣の改善にできる限りの努力を重ねています。
なんなりとご質問をいただきたいと考えています3

二次元バーコード

おもて循環器科2次元バーコード