文字サイズ

ヤマモトイイン

山本医院

伊東市
内科・消化器内科・小児科・在宅医療診療所・中里バス停前

お電話はこちら

0557-47-5566

  • 伊東市宇佐美駅から徒歩5分の山本医院は専用駐車場も
明るく、落ち着いた雰囲気の医院です。
医院前と医院向かい側の堀野薬局に専用駐車場も完備しております。

内科・小児科・消化器内科

●各種検診・予防接種の実施
●土曜日午前中診療

イチオシ情報

内科を中心とした各種検査を行っています。特に、消化器内科が専門で、胃内視鏡検査なども患者様に
苦痛をかけない方法で行っています。

  • 受付受付
  • 待合室・キッズスペース待合室・キッズスペース
  • 診察室・採血室・処置室診察室・採血室・処置室

詳細情報

診療案内

内視鏡検査
食道~胃~十二指腸にいたるまでリアルタイムで観察ができ、場合によってはポリープの切除・サンプルの採取も行う事が出来るのです。年1回は、検査を受けるようにしましょう。

風邪の患者様へ
風邪の原因は、ほとんどウイルスが原因ですが、細菌性のものとして溶血連鎖球菌(溶連菌)感染症などがあります。
治療法は、細菌性のものでは抗生剤が有効です

小児の予防接種
予防接種法により定められた定期予防接種と、任意で受ける予防接種の2種類があります。すべての予防接種の予約を承っております。

地域医療連携パス
「地域医療連携パス」とは、急性期から慢性期に至るまでの地域における医療機関の連携(医療連携クリティカルパス)を実現する事により、保健・福祉のサービスを連動させて患者さんに治療やアフターケアを提供する事をいいます

<日頃大切に思っていること>
いつも思う事、診療をしているときは、わたしにとっては、「本日100人目の患者様」であっても、患者様にとっては、「今日はじめて診察」です。
そのことを常に頭において、100人目の患者様でも、今日はじめての患者様であると思ってがんばっています。

<胃腸は健康の源
「快食」「快便」「快眠」は健康の源で、「生活の質」を良くします。胃腸の調子が悪いと「快食」「快便」が無くなり、
快適な生活が失われ、病院を受診します。外来を訪れる患者さんの30%は、検査で潰瘍や癌などの病気が見つかりますが、残りの70%は、検査で異常が見つからないと言われています。そのため、病院を受診して検査をしても「病気はないから心配ない」といわれ、症状があるのに、くすりも処方されない経験はありませんか?
胃腸の動きと、その症状が密接に関係していることが分かり、検査で病気が見つからなくても、症状に応じた治療がされるようになりました。
胃腸運動の障害により起こるため「機能性胃腸障害」と呼ばれる、この障害は、小さい頃から胃腸が弱く、大人になって色々なストレスにさらされることで様々な胃腸症状が出現します。
機能性胃腸障害は初期治療が重要です。胃腸の症状がなかなか治らないと、その症状が心理ストレスとなり、新たな胃腸症状を引き起こします。
この時期、胃腸の症状が持続している方は、市販薬でお茶を濁さず、専門医の診察を受けた方が良いでしょう。
  • レントゲン室、内視鏡(胃カメラ)室レントゲン室、内視鏡(胃カメラ)室
  • レントゲン室レントゲン室

二次元バーコード

山本医院2次元バーコード