文字サイズ

カタギリシンリメンセツシツ

カタギリ心理面接室

心の悩み苦しみ、人間関係の悩み
松本市の心理面接カウンセリング

お電話はこちら

0263-31-0399

自分に自信がない、人目が気になる、外出が怖い、うつや不安、気分に波がある、生きることがつらく困難、アトピー性皮膚炎の悩み…
もう一人で悩まないでください

松本市のカタギリ心理面接室では臨床心理士による心理面接(カウンセリング・心理療法)で、
~あなたらしい あなた に なるために~サポートいたします
 
  • 松本市 カタギリ心理面接室松本市 カタギリ心理面接室
  • 臨床心理士による心理面接をおこないます臨床心理士による心理面接をおこないます
  • あなたらしい「あなた」になるためのサポートをしますあなたらしい「あなた」になるためのサポートをします

詳細情報

心の悩み、痛み、苦しみ、人間関係の困難さ、生きることへの困難さ…
松本市のカタギリ心理面接室では臨床心理士による心理面接(カウンセリング・心理療法)を行っています。

~オーダーメイドの心理面接を…~
過去に様々な種類、流派、立場、療法を学んでくる中で、まずはクライアントさんの話を聴き、
ホリスティック(全体的)な視点からとらえクライアントさんに合わせた最適なものを提供するような面接を行っています。
言ってみれば、きちんと採寸して作るオーダーメイド紳士服やドレスのような面接でありたい…そんな願いでもあります。
あなた が あなたらしくなるため に オーダーメイドの服を一緒に作る…そんなイメージでしょうか。

 『自分に自信が持てない、人目が気になる、外に出るのが怖い』
自分に自信がないという方は意外と多いものです。「自分に価値がある」と、なかなか思えなかったりするのです。
人目が気になったり、人に何か言われているのではないか…自信が持てないことで人と接することに不安や恐怖を感じてしまうのです。
これらは人間関係の悩みと言っても良いでしょう。
こうした問題は、関係性を重視したアプローチによってプロセスが進んでゆきます。
面接に来ることで、新しい関係性を作られることに不安があるかもしれませんが、面接をしていく中で「わたし」と「あなた」の中で変化が生まれ、
人生のプロセスが進んでいく、癒しがすすんでゆく…そんなイメージです。
何とかしたいが踏み出せない…そんな方にこそ面接にお越しください。

 30代、40代からのこころの危機(ミッドライフ・クライシス)についてのご相談
「中年期の危機」、「ミッドライフ・クライシス」…ちょうど人生が70年だとすると35歳、80年なら40歳頃でしょうか。
体調が悪くなったり、体の病を患ったり、急に人間関係が悪くなることも…夫婦関係・家族関係に問題が発生したりということもあるようです。
親の介護、というような現実的な問題に直面する頃でもありますね。小さい頃受けた心の傷(トラウマ)が思い出されてくる、という場合もあります。
しかし、こころはなかなか変えられないのです。元気で、ポジティブで、前向きに、より良く、といった考えからなかなか抜けられずに苦しみます。
「何のために生きているのだろう」
「これからどうやって生きてゆけば良いのだろう」
「成功や昇進しても、家族を愛していても、実は幸せとは思えない」
…など様々な思いが出てきます。こうしたときには専門家のサポートが必要です。
人生の転換点(ターニング・ポイント)に立ったときこそ、その後の人生のことを共に考えてゆく…そんな面接を提供いたします。

ア トピー性皮膚炎に対する悩み
成人してからもアトピー性皮膚炎でお悩みの方へ、心理的なアプローチを提供しています。
アトピーと心理には何の関係も無いのでは?と思う方がいるかもしれません。
アレルギーやハウスダストなどの影響が及ぼす要因も関係しますが、こころの状態と密接に関わっている部分もあります。
例えば、ストレスを大きく抱えた時に、皮膚の状態が悪くなる方ということがその一つです。
心理的なアプローチからアトピーや皮膚の弱さについて考えてゆく…そんな面接をご提供しています。

 統合失調症をお持ちの方とそのご家族
さまざまな症状を持つ病が統合失調症です。薬物療法が基本となりますが、心理的なサポートを必要とされている方も多く見られます。
過去に受けた大きなショックや、統合失調症になったこと自体が大きなトラウマとなったとします。
このような方に対し、統合失調症とうまくお付き合いしてゆく、自分の心を護るお手伝いをすることができます。
ご家族の方へのアドバイスなどもさせていただいております。
カタギリ心理面接室の大きな特長でもある、臨床心理士ならではの見解で、あらゆる角度から見た理解とアプローチを提供します。

 双極性障害、そううつ病
双極性障害はそううつ病とも呼ばれているもので、簡単に言ってしまうと気分に波のある方、ということになります。
この波も、緩やかな波の人もいれば、大きな波の方もいます。
また、あるときは非常に元気で、あるときは非常に元気がない、といったパターンを数ヶ月や数週間のサイクルで繰り返しています。
元気が良い時、ハイテンションの時にはいいのですが、元気がなくなってくると無理に元気を出そうとしてコーヒーやアルコールの力を借りたり、
自分を鼓舞(こぶ)して奮い立たせて仕事をしたりします。
気分の波は、どんどんと大きくなり、波のサイクルがも短くなったりします。
年齢を重ねると、うつに耐えることがより困難になり「ああ、自分は元気がなくなり、無価値で、生きていてもしょうがない」という気持ちから、
自殺に追い込まれる方もいます。この病の怖いところです。
気分の波とどう付き合っていくのか…を当面接室ではサポートします。
過去の自分と比較して、「今までできてきたのだから、これからもできるはずだ、他人に頼りたくない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな方にこそ頼っていただきたいです。


上記以外にも、人それぞれ持つ様々な悩みや苦しみ、生きることに対する困難さに対して、役に立つ面接を行っています。
また、臨床心理士はもちろん、対人援助職全般の専門家の方へのスーパービジョンも行っています。
どんな小さな悩みでもまずはご相談ください。
あなたにふさわしい解決の糸口をご提案させていただきます!


カタギリ心理面接室
火曜~土曜 10:00~20:50
長野県松本市大字松原67-1
TEL 0263-31-0399
※「ただいま電話に出ることができません~」と留守電になっている場合は、
お名前と連絡先電話番号を録音して下さい、折り返しお電話させて頂きます。

※下記ご予約フォームもご利用いただけます。
ご予約フォーム

二次元バーコード

カタギリ心理面接室2次元バーコード