ご存知ですか?スポーツ障害

スポーツ障害はプロのスポーツ選手だけがなるというものではありません。
部活動や草野球、軽い運動でも起こることがあります。
スポーツで生じやすい怪我や障害は沢山ありますが、診断や処置、治療のタイミングを間違わなければ比較的早く治るものも多いので、不安を感じたら早めにに相談してください。
特に部活に励む中高校生や小児の運動障害は見過ごしてしまうことも少なくないため、注意・早期発見が重要です。
日頃の基礎トレーニングとケアを欠かさず行うことで怪我を未然に防ぐことも大切です。

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます

▼外傷
瞬間的に強い外力が加わることにより生じるもの
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、

▼障害
特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもの
野球肘、テニス肘、ランナー膝等

スポーツ障害の例

■ランナー膝
ランニングやジョギング等で発症するスポーツ障害の総称。
大腿部外側を走る腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が炎症を起こし膝痛を生じる。

■野球肩・野球肘
野球肘は、投球による使いすぎが原因の肘関節部の炎症。

■テニス肘
テニスの素振り動作によるオーバーユースで起こり、しびれや痛み、関節のロッキングなどがあり、動作に支障をきたすこともある。
成長期の小・中学生に起こりやすい。

■シンスプリント
スネの内側に沿ってうずくような痛みがあり、運動中は痛みが持続する。
運動をやめると痛みは治まるが、ひどくなると日常生活でも痛みがでる。

スポーツ障害の治療法

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

▼休息(Rest)
患部を包帯などで固定し安静にさせます。

▼冷却(Ice)
患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

▼圧迫(Compression)
患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

<自分でできる予防>
・ 運動する前には、しっかりウォーミングアップをしましょう。
・休息を十分に取りましょう。
・体型や体格に合った良いフォーム・道具を身につけましょう。
・運動後は、しっかりクールダウンをしましょう。

スポーツ障害に関するよくある質問

Q 怪我をするときはどんな時ですか?
 集中力が散漫な時は怪我をしやすくなります。練習中や試合中は集中して臨み、合間ではゆっくりとリラックスするよう心がけてください。また、体力が消耗している時にも怪我をしやすくなりますので、基礎体力強化をし、練習や試合に臨めるよう心掛けましょう。

Q 一度怪我をすると古傷となって残ると聞きましたが本当ですか?
 半分は本当です。怪我をした後きちんと治さないでいると皮膚や筋肉は瘢痕化したり消失したり、骨は偽関節となり接着しない状態になってしまいます。
一度その状態になった場合には再発や悪化しやすくなります。特に捻挫は骨折よりタチが悪いといわれます。自己診断で済ませることなく必ず医療機関にご相談ください。

Q 治療中でも練習はできますか?
 練習を休んだりすることに抵抗のある選手も多くみられますが、たとえ怪我の程度が軽くても必要最低限の休養はとるようにしましょう。怪我をしたまま続けてもチームに迷惑をかけるばかりでなく自分のためにもなりません。
早く治し、自分の力を100%出せるようにお手伝いいたします。
 

がまんしないで早めにご相談ください。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが関節や筋肉等いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。
スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。
そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。
当院では、様々なスポーツ障害に対応しておりますので、お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

お電話はこちら

0268-27-3110

小嶋整骨院
電話番号 0268-27-3110
住所 長野県上田市緑が丘1丁目1-16