文字サイズ

イリョウホウジンヤジマナイカイイン/グループホームセセラギノイエ

医療法人矢嶋内科医院/グループホーム・せせらぎの家

~その人らしく暮らす家~

お電話はこちら

0266-72-4626

年老いて
認知症になっても
病気を抱えていても
その人の人生ではその人が主人公

医療法人ならではの健康面のサポートが充実しています。
(それまでのかかりつけ医の継続も可能です)

詳細情報

【グループホームとは?】
認知症高齢者にとって生活しやすい環境を整え、少人数の中で「なじみの関係」を作り上げることによって、生活上のつまずきや行動障害を軽減し、心身の状態を穏やかに保つことができます。また、認知症高齢者に対しては、過去に経験したことがある役割を担うことで、潜在的な力が発揮できます。こうして、高齢者が失われかけた能力を再び引き出し、「生活様式を再構築する」ことが可能になります。

グループホームの特徴
1、慣れ親しんだ生活様式が守られる暮らしとケア(拘束のない家庭的な暮らし)
2、認知障害や行動障害を補い、自然な形でも力を発揮できる暮らしとケア
3、少人数の中で1人1人が個人として理解され受け入れられる暮らしとケア
 (人として権利と尊厳、個人の生活史と固有の感情)
4、自身と感情が生まれるケア
 (衣・食・住全般に生活者として、成人した社会人としての行動、役割を回復)
5、豊かな人間関係を保ち支えあう暮らしとケア
 (家族との、擬似事家族としての、スタッフとの、地域社会との、入居者同士の)

○。人にやさしい木造建築木のぬくもりを感じてください
・みんなで生活している家だから、炊事・洗濯・掃除はみんなで協力して行います。
・畑仕事やお裁縫、若い時代に培った能力を次の世代に引き継ぐ先生に。
・買い物・ドライブ・旅行 どんどん外へ出かけていきます。
・地域のお祭りに出かけたり。地域の方がいつでも遊びに来てくれる、昔ながらの近所づきあいをして、交流をしたいと思います。


【グループホームせせらぎの家 利用料金一覧表】
◆賃料 ¥50,000(月額)

◆食費 ¥1,350(日額)

 (朝食¥300 昼食¥350 夕食¥400 おやつ¥300)

◆光熱費・水道料 ¥15,000(月額)
 (冬季暖房費用については増額あり

二次元バーコード

医療法人矢嶋内科医院/グループホーム・せせらぎの家2次元バーコード