文字サイズ

ミョウエンジ

妙圓寺

宗門九老僧開山 法光山 妙圓寺
永代供養 順次受け付け致します

お電話はこちら

0556-36-0823

当山では永代供養共同墓地ご祈願等を受け付けております。ご希望の方は寺院備え付けの申込書、もしくは郵送等でお申し込みください。分からないこと等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

イチオシ情報

随時、祈願回向を申し受けいたします。
なお毎年四月八日付近の日曜日に千部祈願会を行っております。数名の修法師により木剣加持祈祷を
行っております。
千部祈願会には別途申し込みが必要となりますので、詳しくは千部祈願会の頁をご覧ください。
ご祈願の内容は自由でございます。家内安全・身体健全・商売繁盛・交通安全・心願成就・安産 等
どのようなことも申し受けます。お申し込みください。

  • 千部祈願会(大衆法楽)千部祈願会(大衆法楽)
  • 施餓鬼会の法要施餓鬼会の法要
  • 永代供養塔 外観永代供養塔 外観

詳細情報

【由来】
当山の歴史は古く、文永十一年(1274年)にまで遡ります。当時この地を「河内領八代郡一之瀬」と呼ばれておりました。この村には「常命院」という真言宗のお寺があり、“法喜坊”という住職さんがおりました。今現在は「日蓮宗法光山妙圓寺」でございますが、ではなぜ、このようなことになったのでしょうか?
どんなことでも云えることですが、これには時代と人物が関係してきます。時代とは、「鎌倉時代」。人物とは「日蓮聖人」であります。

【祈願】
当山では常時ご祈願を受け付けております。ご希望の方は寺院備え付けの申込書、もしくは郵送等でお申し込みください。分からないこと等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【回向】
我々は様々な“縁”の中で生きています。その“縁”の中で自らに一番近いものといえば、父母であり、御先祖様です。それらを供養して悪いことはあるでしょうか。むしろ良いことだというのは皆様分かっておられることと思います。

【千部祈願会】
千部祈願会とは世に言う「千部会」のことです。お経を千回も沢山あげることが元となっています。
当山では祖師堂の日蓮大聖人、そして三宝諸尊のご宝前において経を読み、法楽加持を行い、祈願回向を行っております。ことにこの時は特別祈願として、法要終了後の祖師堂内陣に於いて、申込者全員に木剣加持(日蓮宗大荒行堂を出た者のみに相伝された祈祷法)を行っております。

【施餓鬼会】
施餓鬼とは、たくさんの食べ物と、飲み物、そして香と読経により、各家の御先祖様や有縁・無縁の霊魂を供養する法要のことを云います。

【瀧口法難会】

【除夜の鐘】

眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の人間の中にあるもの(六根という)のそれぞれに善・悪・平常の三つがあって6×3で18種類、この18種類それぞれに浄(じょう)・染(せん:きたない)の2類があって36種類、この36種類を現在、過去、未来の3世界に配当して108となり、人間の煩悩の数を表しているとも言われております。それを吹き飛ばす、はたまたその年の安泰を祈ったりとさまざまな想いで衝かれているかと思います。
当山では12月31日に鐘楼堂をライトアップし、来山者には甘酒やお菓子、また甘くないお酒等を用意いたしましてお待ち申し上げております。

※詳しくはホームページをご覧ください。
https://myoenji-nichiren.com/
  • 境内 祖師堂境内 祖師堂
  • 水子供養塔水子供養塔
  • 千部祈願会時の境内の桜千部祈願会時の境内の桜

二次元バーコード

妙圓寺2次元バーコード