文字サイズ

オヤマジンジャ

尾山神社

加賀藩祖・前田利家公と
正室・お松の方を祀る神社。

お電話はこちら

076-231-7210

ステンドグラスが美しい和漢洋の三様式を折衷した独特の形をもつ神門は重要文化財に指定され、金沢市のシンボルともなっています。
=============
尾山神社の入園料は無料です
=============

イチオシ情報

☆★神前結婚式★☆
神前で誓う夫婦の契り。神社本殿における本格的な伝統の結婚式を拝殿にて行います
永遠の契 尾山の杜で、金渓閣が華やかに、厳かに晴れの門出を祝います
結婚式、披露宴のお申し込みは「尾山神社結婚式場 金渓閣」までお申し込み下さい
ご婚礼・ご宴会のお問合せ、ご予約は下記までご連絡下さい
□受付/9時~17時
□電話/076-262-3251
□メール/kinkeikaku@par.odn.ne.jp

  • 拝殿前景拝殿前景
  • 庭園のような境内の神苑庭園のような境内の神苑
  • 神前結婚式「金渓閣」神前結婚式「金渓閣」

詳細情報

【由緒】
 慶長4年(1599)閏3月3日、利家公が薨去後、二代利長公は、利家公を仰ぎ神として祀ろうと
前田家の守護神としていた物部八幡宮ならびに榊葉神明宮を還座する名目で、卯辰山麓に社殿を
建立し、利家公の神霊を合祀して卯辰八幡宮と称して尊崇しました。
廃藩置県後、利家公の功績を不朽に伝えんと、明治6年 旧金谷御殿の跡地である現在の社地に
社殿を新築し、尾山神社と称して郷社に列せられ、明治7年には県社に昇格、そののち明治35年には
別格官幣社に列せられ、現在に至る。

【境内見所】
 明治8年に建築された「神門」は国の重要文化財にも指定され和漢洋の三様式を混用した異色の門。
最上階の三層目には四面五色の美しいステンドグラスがはめ込まれており、夜間には幻想的に明かりが
灯る。又、神苑は「楽器の庭」とも呼ばれており古代舞楽の楽器を模した池泉廻遊式の名園。

【各種ご祈祷】
(個人祈祷)
初宮詣、厄除け祈願、交通安全祈願(車のお祓い)、安産祈願、必勝祈願、家内安全、商売繁盛
七五三詣、学業成就、合格祈願、病気平癒、寿令の祝(還暦・古希・喜寿・米寿・白寿等)
初穂料(料金)…八阡円/壱万円/壱万五阡円以上

*個人祈祷は、ご予約の必要はございませんが当神社祭典、神前結婚式等で奉仕できない時間帯が
 ある場合がございますので詳しくは神社までお問い合わせ下さい。

(会社・団体ご祈祷)
社運隆昌、事業繁栄、商売繁盛、作業安全、開店・開業、創立記念参拝 等
初穂料(料金)…二万円/三万円/五万円/十万円以上

*会社・団体ご祈祷は、ご予約戴きましてのご来社をお願い致します。

加賀之国金沢鎮座 尾山神社
URL:
http://www.oyama-jinja.or.jp/ 

二次元バーコード

尾山神社2次元バーコード