文字サイズ

ユウゲンガイシャムカイトウゲジュウキオコメハンバイブ

有限会社向峠重機お米販売部

世界農業遺産の地・奥能登の里山で作るお米を食べてみませんか?

お電話はこちら

0768-76-1455

  • 当目地区に湧き出る【源流水】でお米を栽培
  • 能登でも美味しいお米ができる地域
  • 世界農業遺産の地・奥能登の里山で作るお米
  • 当目地区で育った【里山・峠米】を味わってみて下さい
能登半島の中心にある当目地区に湧き出る【源流水】でお米を栽培しています。
その水は生活排水が入らず、ミネラルがたっぷり溶け込んだきれいな水です。
当目地区は中山間地域特有の気候で昼夜の寒暖差が激しく、能登でも美味しいお米ができる地域として知られています。
家族5人で作ったお米を是非食べてみて下さい。
  • 当目地区に湧き出る【源流水】でお米を栽培しています当目地区に湧き出る【源流水】でお米を栽培しています
  • 田植えの様子田植えの様子
  • ミネラルがたっぷり溶け込んだきれいな水です。ミネラルがたっぷり溶け込んだきれいな水です。

詳細情報

親族と一部の旅館にだけ卸しているお米です。
もともとは親族と親しい方のみにお米をお譲りしておりましたが、数年前からご縁あって能登の旅館にも卸すようになりました。

今後は数量限定ではございますが、ECサイトを通して全国の皆様にも世界農業遺産の地・奥能登の里山で作ったお米をお届け致したいと思います。

2011年(平成23年)6月11日に中国・北京市で開催された「世界農業遺産国際フォーラム」(6月9日~12日)で、「能登の里山里海」が国内初の世界農業遺産に認定されました。

奥能登の里山
当目地区は3方を海に囲まれた能登半島の先端部分、奥能登(おくのと)と言われる地域の中央に位置し、中山間地であるため冬には能登半島では珍しく2メートル近くの雪に埋もれる地域です。
ず~っと昔から変わることのない能登の風景や、自然を大切にし、古くから農林業が盛んで、豊かな自然と素朴な風土と共生してきた地域で、2015年12月には当目を中心とした岩井戸地区が環境省の生物多様性保全上重要な里地里山(略称「重要里地里山」)の全国500地の一つに指定されました


里山・峠米(さとやま・とうげまい)
私たち家族が住む当目地区は能登でも美味しいお米ができる地域として知られています。

なぜ美味しいお米が出来るのかというと、昼夜の寒暖差が激しいからです。
稲は通常の場合、日中の光合成でデンプンをつくり夜間に穂へ蓄えますが、夜の気温が高いとそのデンプンを消費してしまうのです。
しかし、当目地区は中山間地特有の気候が幸いし、昼夜の寒暖差があることでデンプンをよく蓄え、粘りのある食感と甘みのあるお米が育つ環境にあります。
そんな当目地区で育った【里山・峠米】をぜひ味わってみて下さい。

お米の通販サイト開店しました!
里山・峠米:http://tougemai.shop23.makeshop.jp/

お米を作っている場所です。
グーグルマップ:
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92928-0334+%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E9%B3%B3%E7%8F%A0%E9%83%A1%E8%83%BD%E7%99%BB%E7%94%BA%E5%BD%93%E7%9B%AE%EF%BC%95%EF%BC%98%E2%88%92%EF%BC%97%EF%BC%94/@37.3641643,137.030481,152m/data=!3m1!1e3!4m5!3m4!1s0x5ff132a5974e2a2d:0x3e5eb792ceb863b1!8m2!3d37.3639835!4d137.0314022
  • 田植えの後の田んぼ田植えの後の田んぼ
  • 稲刈りの様子です稲刈りの様子です
  • 冬の奥能登の里山冬の奥能登の里山

二次元バーコード

有限会社向峠重機お米販売部2次元バーコード