文字サイズ

カブシキガイシャクロカワブツダンテン

株式会社黒川仏檀店

~豊かな経験、とぎすまされた技~

お電話はこちら

076-263-4765

手を合わせ仏壇の前に座る。心安らぐひとときです。信用と確かな品質を誇る黒川仏檀店が自信を持って、豊かな経験と、とぎすまされた技を集めてできた伝統工芸品をお勧めします。明治より創業、皆様のご要望に応じるべく研究、努力をしてます。高品質、低価格をモットーに、全力をあげ、皆様のお越しをお待ちしております。
  • 金沢店、金沢東別院斜め向かい金沢店、金沢東別院斜め向かい
  • 常時、100台のお仏檀を展示しております。常時、100台のお仏檀を展示しております。
  • 仏具、神社用品、みこし、仏檀修理、スス出し等仏具、神社用品、みこし、仏檀修理、スス出し等

詳細情報

金沢タイプ
「蒔絵仏檀」と言われるように、金箔や蒔絵技法などをふんだんに生かした、きわめて芸術性の高いつくりが特徴です。
金沢調仕上げ仏檀と呼ばれるものは、漆塗りや金工などあらゆる伝統工芸の技が結集された絢爛豪華なものが多く、仏教美術にまで到達するものも。さらに、接着剤やクギを使わない「ホゾ組」と呼ばれるはめ込み型式があり、50年後、100年後にも簡単に解体掃除ができる仏檀として重宝されています。
歴史的にも、加賀藩細工所の蒔絵技術に流れを汲んでいます。
加賀百万石の伝統工芸品を生んだ土壌が、金沢伝統の仏檀を育んできました。

七尾タイプ
七尾調仕上げ仏檀の特徴は、他に類を見ない堅牢な造りにあります。
この堅牢さは、能登の地理的背景から生まれたものです。
能登は山間部が多く、昔から交通が不便でした。
従って、完成した仏檀は2人がかりで棒にぶら下げて担いだり、
急な坂では1人で背負うなどして運搬しなくてはいけませんでした。
このため、運搬に耐える頑丈な造りが七尾調仕上げ仏檀の必須条件だったのです。
金箔をふんだんに使った二重破風(はふ)屋根の荘厳な中立が特色です。
青貝などをたっぷり使い気品のある色合いと立体感に満ちた蒔絵を施してあります。
また、緻密で幽玄な趣のある障子戸の彫刻や輪島塗の流れをくむ漆塗りなどにより、圧倒的な華麗さを誇っています。

美川タイプ
弊社がお届けいたします美川調仕上げの仏檀は、輪島の堅地と同様の下地、中塗(数回)、上塗り、蝋色仕上げ と何度も塗り上げ 曙、根来、虫食い、等の変わり塗を行い 加賀蒔絵を施し荘厳華麗に仕上げました。長年に渡り鍛えられた熟練工が豊富な経験と知識を基に 弊社の特徴を生かした仕上げとなっております。

小物・仏具
お香、数珠、和ろうそく、ブローチなど、数々のアイテムをお店にところせましとご用意しております。

七尾 和ろうそく
和ろうそくは植物のハゼの木などから採った木蝋と、芯に和紙を使った日本古来のろうそくです。
七尾和ろうそくとは手掛製法の良さを伝えていて、火が大きく風に強く、油煙の出が少ないことなどが特徴です。

株式会社黒川仏檀店
石川県金沢市安江町4─6
URL:http://www.kurokawabutsudan.com/

二次元バーコード

株式会社黒川仏檀店2次元バーコード