犬や猫のがん治療は新潟市、【こばり動物病院】へ

ペットの高齢化が進み、がん(悪性腫瘍)になる犬や猫が増えています。正しい知識と理論を熟知している獣医師が、単に延命だけでなく、ペットのQOL(quality of life:生活の質)を向上に努めるため、ご家族とご相談のうえで最善の方法で治療いたします。

獣医師・腫瘍科医:水上浩一
●外科治療: 手術で直接がんを取り除きます
●化学療法: 薬でがんを治療します(抗がん剤治療)
●放射線治療:直接がん
その他を組み合わせて、効果的にがんを治療していきます。

ペット(犬・猫)のサインを見逃さないで・・・ください。

当たり前のことですが、ペットは痛みや不快感を感じても、言葉で飼い主の方に伝える事はできません。
普段と様子が違う事はありませんか!?気になる症状が見えたら、ご相談ください。

ペット(犬・猫)にこんな症状はないですか!?
・元気がない、動きたがらない。
・体に触れた時、しこりがある。触られるのを嫌がる。
・好きな物を食べない。食欲がない。
・イライラしたり、怒りっぽくなる。言う事を聞かない。 など

ペット(犬・猫)のがん治療では、飼い主様とペットの主治医、当院で足並みを揃え協力しながら治療を進めることが大切です。
 ■犬と猫のがんクリニックの受付時間
 午前9:00〜11:45(水曜・木曜日を除く)
・院長不在、手術などの場合は受付ができませんので、当院お知らせ・カレンダーで確認をお願いします。
 こちらをチェック⇒ http://www.kobari-ah.com/page4 
・受付時間以外の診察をご希望の場合にはお問い合わせください。
 電話 ⇒ 025-232-5885

がんの治療について

外科療法:悪性な腫瘍を切除します。
化学療法(抗がん剤による治療):全身に広がってしまった悪性腫瘍や白血病、リンパ種などの治療に効果的です。
放射線療法:がんに放射線を照射することで、がん細胞を死滅させる方法です。とても効果を得られる場合と、効果が期待できない場合があります。

この3つの方法と薬物療法やケアを組み合わせ、ペットのQOLを大切により効果的な治療を行います。
ただし、それぞれの治療法にはデメリット(副作用)もあります。ペットの症状を良く観察しながら、治療を進めていきます。

大切な家族 大切な時間をいつまでも・・・

がんと闘うペット(犬・猫)ファーストを一番に、飼い主様とペットのQOL(quality of life:生活の質)を向上のために、全力でサポートいたします。
インフォームドコンセントを大切に、治療法・治療費についてわかりやすく説明いたします。

犬・猫の健康やしつけ、飼育についてもトータルでご相談に応じますので、お気軽にご相談ください。

お電話はこちら

025-232-5885

こばり動物病院
〒950-2026 新潟県新潟市西区小針南台1-12
電話:025-232-5885

診療受付時間 ≫≫ 月・日・水午前・金・土・日
午前:9:00~11:45/午後:15:30~18:45
 12:00〜15:30は、手術・検査
休診日 ≫≫ 水曜午後、木曜日
・院長診察・腫瘍科診療を御希望の方は午前中に御来院ください。
(院長が手術担当のため午後の診察に出られない場合があります)
・受付時間以外の診察をご希望の場合にはお問い合わせください。