文字サイズ

ヨコハマランドマークホウリツジムショ

横浜ランドマーク法律事務所

横浜ランドマークタワー38階
土・日・祝日・午後8時~も相談可

お電話はこちら

045-650-8211

  • 横浜市西区 桜木町駅の弁護士 横浜ランドマーク法律
横浜市西区・桜木町駅の弁護士 横浜ランドマーク法律事務所
総合法律相談・随時受付・毎日実施
土曜・日曜・祝日・午後6時以降でも相談に応じます。
まずは、お電話ください。
365日年中無休です。
  • 横浜ランドマークタワー38階横浜ランドマークタワー38階
  • 1番相談室1番相談室
  • 2番相談室2番相談室

詳細情報

横浜市西区・桜木町 横浜ランドマーク法律事務所

横浜ランドマーク法律事務所の特色は?

特色その1. “職人”集団
弁護士の仕事は、モノではなく人を対象としますので、定型的大量処理になじみません。100人の人がいれば、100の個性がありますので、最善の解決方法も100通りあることになります。当事務所の弁護士は、ひとりひとりのために何が最も大事であるかを考えて対応を検討します。つまり、大量生産のプレハブではなく、ひとつひとつ個性がある注文住宅を建てる大工と同じです。まさに、当事務所は、大工と同様の職人気質あふれる弁護士集団です。

特色その2. アナログ大好き
デジタルの特徴は、容易に「コピー」ができ、瞬時に不特定かつ多数の人にコピーされた情報が送られることです。その情報は元情報と同一のものとして受け入れられます。しかし、Aという人間をコピーしてもBにはなりません。それにもかかわらず、人を没個性的な存在とみてA=Bとして、事件を定型的に大量処理をする事務所があります。債務整理・過払金請求を行っている事務所がその典型例です。「コスパ(コストパフォーマンス)」という考え方が事務所経営の基本方針となります。つまり、職人ではなく「商人」集団です。いずれが良いのか、当否は別として、当事務所は、ひとりひとりの個性こそが、現代社会にとって必要不可欠なものであると考えています。職人集団を目指すアナログ型法律事務所です。

. 法律相談は、年中無休です!
土曜日曜祝日・午後8時まで
初回法律相談料は全ての相談が無料です。
継続相談のとき、45分/5,400円
(税込)

. 法律相談
・法人破産
・民事再生
・自己破産
・債務整理
・医療過誤
・会社事件
・手形小切手
・法人顧問
・損害賠償
・企業法務
・売買
・離婚・親子
・相続
・遺産分割
・遺言
・借地借家
・刑事弁護
・少年事件

. 執務時間
月~金 AM9:00~PM8:00
 AM9:00~PM5:00

横浜市西区みなとみらい2─2─1
横浜ランドマークタワー38階

弁護士 黒田 和夫(神奈川県弁護士会 1987年登録)
弁護士 黒田 陽子
弁護士 濱田 慶信
弁護士 爰地(ここち) 紗佳
弁護士 早川 侑希
公認会計士 岡本 好生
神奈川県弁護士会所属(弁護士5名 公認会計士1名)
 
ビル内駐車場設備あり
※当事務所では駐車場券の発行はしておりません。

≪主な取り扱い業務≫

[民事]
民事全般、訴訟、契約等文書の作成・チェック、契約締結交渉、示談交渉、調停、債務整理、債権回収、賃金、破産手続、保全命令申立事件(仮差押、仮処分)、強制執行、交通事故、学校事故、建築・内装紛争、借地借家関係、慰謝料、損害賠償請求事件、医療過誤、名誉毀損、欠陥住宅、借地・借家、売買、不動産、リース、立替業務、ゴルフ会員権、

[家事]
家事全般、離婚、財産分与、慰謝料、親権・養育費、親子・親族間紛争、後見、扶養、相続・遺言、遺産分割、高齢者財産管理

[商事]
商事全般、コンプライアンス、会社更生、破産、債務整理、役員会・株主総会の指導・立ち会い、会社紛争の処理、手形・小切手訴訟、独占禁止法、労働法、不正競争の差止・賠償請求

[刑事]
刑事全般、訴訟、捜査段階の刑事弁護、公判段階の刑事弁護・控訴・上告、告訴・告発手続、保釈手続

[その他業務]
少年事件、行政事件、知的財産権

横浜ランドマーク法律事務所
横浜市西区みなとみらい2丁目2-1 横浜ランドマークタワー38階
TEL:045-650-8211
http://www.landmarklaw.jp/
  • 3番相談室3番相談室
  • 4番相談室4番相談室
  • 会議室会議室

二次元バーコード

横浜ランドマーク法律事務所2次元バーコード