文字サイズ

ヒノデチリョウイン

日の出治療院

◆鍼・灸・あんまマッサージ指圧 ◆予約制

お電話はこちら

045-363-8644

鍼・灸・あんまマッサージ指圧
あん摩マッサージ指圧も四肢の経絡の流れを促し気血のめぐりを改善し不定愁訴を除きます。
最終的には短縮側の手足の軽擦法で終了する様にしています。体感していただければご理解いただけると思います。

イチオシ情報

頸椎が本来の位置に戻ることにより、受療された方々が、目の前が明るくなりすっきりした!頭がはっきりしてきた!と一様に言われます。
当院の施術は視力の低下・内臓臓器の回復・認知症の予防の一助となるのではと自負しております。

詳細情報

頸椎症でお困りの方は是非お読みください。

頸椎症の患者様を診てきて、多くの方の頚部が硬く靭帯が肥厚している状態にあることです。頚椎は上下縦方向に走る靭帯と左右バランスを保つため横に広がる靭帯とで支持されています。根を詰めたり、負荷のかかる姿勢や心因性のストレス等が加わると、脳からの指令で頚部の靭帯にロックがかかり、自然には解消できない状態(過緊張)が続くと肥厚してゆくようです。この偏った靭帯の過緊張が頚椎の歪を引き起こし、出入する神経の圧迫やその支配下の運動・代謝機能を阻害し肩背部から手指末端の故障が起こりやすくなります。これを改善するには、牽引(圧をかけるほど生体は反作用で強縮します)や徒手矯正法(変形性頸椎症の方や高齢者には危険な場合も)によらず、頚部局所に直接施術することなく、手足の流注(気の流れ)の反応点(異常の部位は強く出ている)を用いて目的の部位を弛緩させます。下腿反応部で頚部の縦走する靭帯を弛緩させると、頚椎の圧迫が解消され、手のしびれ、こわばりが除かれます。こののち前腕の特定部位で頚椎1~胸椎6の左右の靭帯を弛緩し問題となる故障個所を取り除いてゆきます。此の施術により首の肥厚した靭帯は弛緩し、細くなり外観的にも頚部ラインがすっきりしてきます。
人類が二足歩行を始めて、立位になりその弱点は首と腰にあると言われています。腰の土台の上に首が置かれているため、土台の歪が上方に影響しますので、腰背部のバランスも調整(脊柱起立筋の緊張側で)が必要になります。手足もこれに従います。
頚椎の関与する疾病を列挙してみましょう。
自律神経失調症・食指不振・めまい・耳鳴り・抗生剤の利かない咽頭痛・眼精疲労・飛蚊症・頚腕症候群(五十肩・野球肩・上顆炎:テニス肘・手根管症候群・腱鞘炎・突き指・へバーデン結節)・上腕神経痛・むち打ち症等他
この原理を良くご理解いただければ、ご自分でも治す簡単な方法(軽く擦るだけで)もご指導いたしております。
よき出会いを。               合掌

二次元バーコード

日の出治療院2次元バーコード