文字サイズ

チョウトクジ

長徳寺

厚木市岡田の浄土真宗(東本願寺派系・単立)寺院長徳寺

お電話はこちら

046-228-5100

  • 厚木市岡田 浄土真宗東本願寺派 長徳寺
厚木市岡田 長徳寺
浄土真宗 東本願寺派系・単立
壽永山慈雲院長徳寺
各種仏事・葬儀・法事・供養・年回忌・法要承ります。

イチオシ情報

仏事に関するご相談、法事のこと、葬儀のこと、お気軽にお電話下さい。

  • 長徳寺 親鸞聖人像長徳寺 親鸞聖人像
  • 長徳寺 聖徳太子像長徳寺 聖徳太子像
  • 長徳寺 旧本尊 阿弥陀如来長徳寺 旧本尊 阿弥陀如来

詳細情報

お寺でホッと一息 合掌 南無阿弥陀仏
≪こんな時代だからこそ、お詣りされる皆様の心が落ち着くお寺でありたい≫
☆法事・仏事・墓地・仏前結婚式など、お気軽にご相談下さい☆


○当山の御宗旨

宗旨  浄土真宗東本願寺派
御本尊 阿弥陀如来
宗祖  親鸞聖人

○長徳寺の由緒

当寺は山号を「壽永山」、院号を「慈雲院」、寺号を「長徳寺」と申します。開基(創立者・初代住職)は「浄光坊」といい、元は真言宗の僧侶でありましたが、相模国の国府津(現小田原市)真楽寺に宗祖親鸞聖人が御逗留の際に、聖人に謁して弟子となり浄土真宗に改宗したと伝わっております。

戦国期には、当地・岡田村の領主である津久井城主・内藤左近将監の推挙により、小田原・北条氏直公から十石の御朱印地を賜りました。江戸開府以降も徳川将軍家より、十石の御朱印地を賜りましたが、元禄大地震(一七〇三)による火災により、諸堂、庫裏、多くの什物を焼失し、第十四世住職を含む寺族四名もこの時に亡くなりました。現在の長徳寺本堂は、元禄大地震の後、正徳元年(一七一一)に再建されたものです。

建立から八百有余年(現住職は第二十六世・釈純昭)を経た今、宗祖親鸞聖人によって明らかにされたお念佛の灯が、幾多の歴史の波を超えて今も赤々と燃えています事は、それぞれの時代を担ったお念仏に生きる衆生の努力と、我々の祖先が守ってこられたお念佛のみ教えが生かされてきたからであります。


住職  壽永純昭


○おもな行事

報恩講法要(毎年10月15日)

声明会(お経の練習と聞法の会 毎月一回)


☆毎年4回 寺報『慈雲』発行

☆法事・仏事・墓地・仏前結婚式など、お気軽にご相談下さい。

TEL046-228-5100

  • 御本尊 阿弥陀如来御本尊 阿弥陀如来
  • 長徳寺 庭長徳寺 庭
  • 長徳寺 庭長徳寺 庭

二次元バーコード

長徳寺2次元バーコード