文字サイズ

ヤスダダイニドウブツビョウイン

保田第2動物病院

横浜市戸塚区 土曜・日曜・祝日も診療致します。

お電話はこちら

045-864-3611

  • 横浜市戸塚区 戸塚駅の動物病院 保田第2動物病院
人、動物、医療最先端の口径2.8㎜の内視鏡完備。MRI、CTなど最高グレードの装置を完備するほか、高度な診断技術に優れた医師もそろっていることから、スピーディな撮像・診断を実現。患者様をお待たせしません。

お知らせ

救命救急センターと連携することはもちろん、緊急性の高い症状や高度画像診断が必要な場合には、他の動物病院からのご依頼も受付可能な体制を整えており、より進んだ獣医療を提供しています。
※一般診療も受け付けています。
お問い合わせの際、「iタウンページを見た!」とお伝えいただくとスムーズです。

  • 院長 兼 高度画像診断センター長院長 兼 高度画像診断センター長
  • この建物が目印ですこの建物が目印です
  • リラックスした待合室でリラックスした待合室で

詳細情報

横浜市戸塚区のペット病院 保田第2動物病院

高度画像診断センターとして更なる進化

保田第2動物病院は高度画像診断センターとして2010年4月に磁場強度1.5テスラーのMRIと64列のCTを導入し開院しました。その当時は高度な画像診断装置でしたので、年々検査件数も増え、年間MRIは400件、CTは700件を上回るようになりました。

そんな中、動物に対するMRIとCT検査では被写体が小さく、麻酔時間の問題点から、より高磁場なMRIとより高速なCTが必要不可欠と考えるようになりました。

そして2017年にさらなる高磁場3テスラー16chのMRIと320列のCTを導入することになりました。このMRIとCTは人医療を含め最先端な機種になり、当院は世界最高画質のMRIと無麻酔にも対応できる最速のCTによる診断が行えるようになりました。



高度画像診断センターとして更なる進化
2019年で開設54年を迎える当院は、さらに一歩進んだ獣医療の実現を目指して、保田第2動物病院(高度画像診断センター)を新設しました。
MRI、高速CT、超音波など、動物たちを家族と同じように思うからこそ、われわれは人間の医療現場で使われている最高峰の検査機器を導入いたしました。
私は、これからの獣医療はMRIやCT等を活用し、病名や進行度を確定した上で行われるべきだと考えています。
そして高度救命救急センターと連携し、新たな病気病態を診断治療することにより、獣医療の向上を目指してまいりたいと思います。

院長プロフィール
1996年、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)放射線学教室において画像診断学と放射線治療学を専攻し、卒業。保田動物病院就職後は、全科一 般診療を担当した後、副院長に2018年より院長に就任。さらに、2010年から診療・治療の技術系最高責任者として2病院を束ねるセンター長も兼任する。



≪対象動物≫
犬、猫


≪診療内容≫
MRI、高速CTを用いた特殊画像診断、一般診療、相談、予防


≪院長名≫
保田 大治


≪予約≫
電話予約可

お問い合わせの際、「iタウンページを見た!」とお伝えいただくとスムーズです。



【設備紹介】

. CT
人、動物医療最速の320列CT
冠状動脈の評価や心臓機能検査もできます。


. MRI
超伝導型MRI3.0T
主にCTでは診断できない脳、脊髄などの中枢神経の診断ができます。


. 超音波診断装置
最先端の超音波装置を使用しておりました。

. 手術室
脳神経外科が行える顕微鏡を設置した手術室を完備しています。

. ICU
重傷患者の診断後のケアーがしっかりできます。

. 犬舎、猫舎
状況に応じて入院もできます。

[保険]
動物医療保険取り扱い/アニコム損害保険

[入院設備]


[インフォームドコンセント]


[診療情報開示]


[各種相談]
飼育相談、繁殖相談、カウンセリング、健康管理相談、栄養相談


保田第2動物病院
TEL:045-864-3611
お問い合わせの際、「iタウンページを見た!」とお伝えいただくとスムーズです。
横浜市戸塚区戸塚町1037-3
JR線戸塚駅から車で10分/駐車場12台
  • CTCT
  • MRIMRI
  • 保田動物病院保田動物病院

二次元バーコード

保田第2動物病院2次元バーコード