文字サイズ

サカタシャカイホケンロウムシジムショ

坂田社会保険労務士事務所

専門知識を生かし安心できる人事・労務管理をご提供します。

お電話はこちら

03-3411-3553

【 主な業務 】
■社会保険事務代行 ■労働保険事務代行 ■人事・労務管理
■就業規則作成・変更 ■助成金診断・申請 ■年金相談
■セクハラ対策 ■高年齢者の賃金設計 ■社会保険労務士関連法規

お知らせ

= 経営方針 =
我々は、人事労務管理の専門家として顧問先の成長・発展に貢献します。
我々は、目先の利益を追わず、顧問先の将来まで見据えた助言をします。
我々は、常に経営者と同じ視線に立って、問題の解決に取り組みます。

  • 下北沢駅・西口徒歩2分下北沢駅・西口徒歩2分
  • 社会保険労務士 坂田 昌彦社会保険労務士 坂田 昌彦
  • 安心できる人事・労務管理をご提供します安心できる人事・労務管理をご提供します

詳細情報

◆社会保険労務士 坂田 昌彦
 所属団体: 東京都社会保険労務士会 世田谷支部

【 業務案内 】
■社会保険関係の事務手続き代行
 社会保険とは、「健康保険」と「厚生年金保険」の2つを総称した呼び方です。
 法人の場合には、法律上「社会保険」に加入する義務が生じます。
 また個人事業の場合には、一定の要件の下に加入義務が生じます。

 以下のような事務手続きを代行します。
・新規適用届
 事業所が新規に社会保険に加入する際の手続きです。
・算定基礎届
 毎年7月10日までに定例的に行なわれる届出です。
 法律上定められた条件の下に、被保険者1人1人の賃金を算出し、届出を行ないます。
・資格取得届/資格喪失届 
 従業員が入社したり退社する度に、その資格の取得・喪失に関する届出事務が発生します。
・健康保険/各種給付
 従業員が私病などで労務不能となった際の所得補償や、出産に関する給付に際して申請事務が生じます。

●60歳以降の最適給与・最適賃金
雇用保険法の「高年齢雇用継続給付」と厚生年金保険法の「在職老齢年金」の制度を上手く活用することによって、60歳以上の従業員の賃金コストの削減が可能となります。

従業員側からみれば、手取額が多少下がったとしても、職を失うよりは遥かにマシであり、企業側も慣れ親しんだ従業員が安い賃金で働いてくれるのはありがたいことです。
当事務所では、これらの最適な配分をシミュレーションして提案しております。

【 営業地域 】
世田谷区、杉並区、渋谷区、目黒区、新宿区、千代田区、港区、中央区及び東京一円をはじめ、一部の助成金申請を除き可能な限り全国対応をしています。

  • 高齢者最適賃金についてもご相談承ります高齢者最適賃金についてもご相談承ります
  • 全国対応をしています全国対応をしています
  • お気軽にご相談下さいお気軽にご相談下さい

二次元バーコード

坂田社会保険労務士事務所2次元バーコード