文字サイズ

オウジコウショウヤクバ

王子公証役場

◆公正証書・遺言◆外国向け文書認証・定款 王子駅徒歩2分

お電話はこちら

03-3911-6596

当役場では近隣の板橋区、荒川区、墨田区、台東区、足立区等からも広くご利用頂いております。どんな些細な案件でもお一人で悩まずご相談ください。
皆様の生活や財産などの権利を守り、トラブルを未然に防ぐ!迅速で正確な契約・遺言公正証書の作成を心がけております。

イチオシ情報

簡単なご相談は電話でも随時承ります。
きめ細かくご相談に応じます。
TEL ⇒ 03-3911-6596

  • 公正証書・遺言公正証書・遺言
  • 外国向け文書認証・定款外国向け文書認証・定款
  • 王子駅徒歩2分王子駅徒歩2分

詳細情報

◆遺言を公正証書にしておけば、自筆の遺言書とは異なり、容易に遺言の内容を実現することができます。
遺言公正証書を作成するには、
(1)遺言者の印鑑証明書
(2)遺言者の戸籍謄本
(3)財産を相続させる相続人の戸籍謄本(財産を相続人以外の者に遺贈する場合は、受遺者の住民票)
(4)遺言者の所有する不動産の登記簿謄本及び固定資産評価証明書(固定資産税の納税通知書でも可)
などが必要です。

◆金銭の貸借契約ばかりでなく、不動産の賃貸借契約、離婚に伴う養育費等の給付契約も、公正証書にしておくと確実で安心です。万一、相手方が定められた金銭債務の履行を怠ったときも、強制執行により権利を実現することができます。
平成19年4月から離婚に伴う年金分割制度ができましたが、年金分割の合意は、公正証書等でする必要があります。

◆将来、自分で自分の財産の管理ができなくなったときのために、財産の管理や医療施設・介護施設等への入所などの身上に関する事柄を自分に代わってやってくれる人をあらかじめ選んでおくと安心です。このように自分の判断能力が低下したときに、自分に代わって財産管理などの仕事をしてくれる人を定めて、一定の仕事を代わってしてもらうことを依頼する契約が任意後見契約です。任意後見契約は、公正証書で作成する必要があります。

◆いわゆる尊厳死に関する宣言を公正証書ですることができます。回復の見込みのない病に罹り、しかも死期が迫っていることを主治医を含む複数の医師が判断するなどの一定の要件の下に、無意味な延命治療を断り、安らかな死を選択することを宣言するものです。

◆そのほか、将来重要な証拠となる書面や物、現場の状況を保全しておきたいときに、これを事実実験公正証書として残すことができます。「我が社では、現時点で既にこの発明をしている」ということ(先使用権)を立証するために、事実実験公正証書を利用することも可能です。

【取扱業務】
○公正証書作成
遺言
委任及び任意後見
離婚給付(養育費、財産分与、慰謝料)契約
不動産賃貸借契約
金銭消費
尊厳死宣言

○認証
 電子定款を含む定款認証
 私署証書の認証
 外国文認証
 宣誓認証
○確定日付付与
  • 些細な案件でもご相談ください些細な案件でもご相談ください
  • 簡単なご相談は電話でも随時承ります簡単なご相談は電話でも随時承ります
  • きめ細かくご相談に応じますきめ細かくご相談に応じます

二次元バーコード

王子公証役場2次元バーコード