文字サイズ

トウキョウゾウカオロシショウキョウドウクミアイ

東京造花卸商協同組合

東京の花環・造花のことならお任せください

お電話はこちら

03-3604-1041

東京造花卸商協同組合は、ファンシーグッズ・インテリア用・デコレーション・葬祭用の造花卸売業者として信頼できる、一流業者の団体です。
名誉に適うべく、誠実な対応をいたします。
  • 造花・造花アレンジメント造花・造花アレンジメント
  • 造花アレンジメント造花アレンジメント
  • 灯篭・記章灯篭・記章

詳細情報

東京造花卸商協同組合について

昭和15年日本政府により、価格統制令が施行され、造花の価格は東京府知事に認可されなければならず、造花工業組合・造花卸商業組合の名において、造花の種類及び等級ごとに価格を申請しました。
その後、東京造花輸出業組合等多数の造花関係の組合が設立されましたが、戦後GHQの閉鎖機関令により、組合組織の大変換を余儀なくされ、東京造花協会が設立されました。

その後造花業種の細分化が進み15団体になりその後の社会的変化に伴い、現在、東京造花卸商協同組合と東京装飾造花協同組合の2団体のみが現存しております。
当組合も組合員数は少数になっておりますが、組合員企業は世の中の変化に伴い、柔軟に適切な対応をした結果、造花問屋として活躍されております。

現在の造花は、利用目的に合わせて素材や形状を適切に使用し製造された物が利用されております。

一般的に使用されている、ポリエステル製造花の歴史を振り返ると、18世紀頃ヨーロッパで作られた絹の花が始まりで、アメリカのジョージワシントンの就任式で使用されたと言われております。後にイタリアで、ポリエチレン製の造花が製造され大流行しているとの新聞報道により、香港の李嘉誠(リカシン)が1949年にプラスチック工場を作り、ポリエチレン製造花を売り出したところ、ホンコンフラワーとして大当たりし、世界の大富豪になっております。

昭和47年頃から、布製(ポリエステル)造花に発展し改良によって進歩して、生花と殆ど変らないクォリティの造花も販売しております。これらはホテルや商業施設等のインテリアとして、使用されております。また葬祭用品や供物においても、花環の他、厳粛なセレモニーの演出にも造花が使用されておりますが、一般消費者の方々は、造花であることに気付かずにおられる場合が多いと思われます。

また、クリスマスイルミネーションのLED照明等、デコレーションや、正月飾り、桜など春の飾り等も取り扱っている会社が、ハイセンスなファンシー商品を取り扱い、いろいろなイベントや、ショッピングモール等も華やかに演出しています。

それぞれの用途が、時代とともに高度化し専門性が高まってきており、各組合員企業は対応に努力しております。
組合活動は、これらの事の情報交換および、共同研究を目的に活動しております。


東京造花卸商協同組合
TEL 03-3604-1041
FAX 03-3604-1253
住所 東京都葛飾区堀切4丁目53-14
アクセス 堀切菖蒲園駅より徒歩約2分
  • アーティフィシャルフラワーアーティフィシャルフラワー
  • 商業ディスプレイ商業ディスプレイ
  • 記章記章

二次元バーコード

東京造花卸商協同組合2次元バーコード