文字サイズ

カブシキガイシャハルキ

株式会社春樹

≪防水工事専門≫
シーリング防水工事なら立川市の株式会社春樹へ

お電話はこちら

042-534-4581

防水工事なら、東京都立川市の株式会社春樹にお任せ下さい。
シーリング防水工事をはじめ、ウレタン塗膜防水工事、シート防水工事など、適材適所の工法でお客様の建物を雨漏りなどの劣化から守ります。
雨漏りや屋上、ベランダの床のひび割れなどが見つかったら、ぜひ当社へご相談下さい。
TEL 042-534-4581

お知らせ

シーリング防水には、雨水や風の侵入を防ぐだけでなく、建物や地震や風などで動いた場合の目地部の緩和材としての役割もあります。
建物の柔構造に欠かすことができない技術なのです。多くの建物は耐震設計がなされています。
シーリングも建物の様々な動きに追従するために、“しなやかさ”と“追従性”が必要不可欠です。

詳細情報

【防水工事】
○シーリング防水工事
シーリング防水とは、シーリング材という不定形の防水材料を建物の目地に充填する技術です。
ガラスまわりやサッシまわり、外装パネルの目地など、建物には様々な隙間があります。
この隙間から雨水や風が侵入しないように、シーリング材という不定形の防水材料を充填する技術がシーリング防水です。

漏水事故のない快適な居住空間を提供することが建築工事の最大のオブジェクトと考え、メーカー等の協力の下、確かな知識と技術を身につけてきました。

“量から質”の時代へ移行されている現在に私たちはプロフェッショナルの本当の意味を考え続けています。

○ウレタン塗膜防水工事
屋上の改修等で大きな需要がある工事です。
液状の材料を使用する為、複雑な形状に対応しやすく美観に優れているといえます。

○シート防水工事
防水シートを下地に貼り付ける防水工事です。
下地の平滑さが必要とされますが、伸縮性のあるシートを使用する為、建物の収縮に追従するできるといわれています。

○アスファルト防水工事
積層構造になっているため、水密性・耐久性に優れています。
アスファルトルーフィングの種類や枚数の組み合わせによって、各種防水しように対応可能です。

○注入工事
コンクリートの空隙・ひび割れ等からの漏水を防ぐものです。

【大規模修繕工事】
建物は建てた時からどんどん劣化が進んでいき、その劣化はどうしても避けられない問題です。簡単に言うと、その痛みを修繕したり、劣化の速度を遅くさせるのが「大規模修繕工事」なのです。
少しでも劣化症状の少ないうちに工事を行うことが、建物の寿命を延ばし、安全性を高める事へと繋がっていきます。

足場仮設工事(建物の外周に足場を設置します。)
 ↓
塗装(塗膜で保護し、コンクリート躯体の中性化を防ぎます。)
 ↓
下地補修(劣化した下地を補修します。)
 ↓
各種防水工事

【所属団体】
○(社)全国防水工事業協会
○東京都防水工事業協会
○サラセーヌ工業会
○コニシベステム工業会

*防水許可番号 東京都知事(般─19)第087091号

二次元バーコード

株式会社春樹2次元バーコード