文字サイズ

ニホンコウシュウデンワカイ

日本公衆電話会(公益財団法人)

皆様とともに 地域の安全・安心をはぐくみ・つなぐ

お電話はこちら

03-5339-6500

  • 日本公衆電話会
日本公衆電話会は、他地域社会の安全・安心の向上と健全な地域社会の充実に寄与するための情報提供と啓発
活動に取り組んでいます。
  • 小学校での公衆電話教室小学校での公衆電話教室
  • ネット安全ガイドブックの発行ネット安全ガイドブックの発行

詳細情報

日本公衆電話会は、昭和26年に鹿児島で発足した「電話会」をスタートとして、昭和27年以降全国各地に広がった「公衆電話受託者様の会」をベースに、全国会員組織として昭和47年に財団法人を設立しました。以来41年間、公衆電話の受託者の皆さまを会員として、その方々を中心として公衆電話の美化活動や清掃活動をはじめ、さまざまな社会貢献活動を実施してきました。
そして、平成24年10月1日に公益財団法人として新たにスタートしました。これに伴い、私たち日本公衆電話会は、NTTグループ等のご協力をいただきながら、さらに幅広い社会貢献活動を推進する団体として生まれ変わりました。

【主な事業】
1.小学生を対象とした「こども手帳“ぼくも、わたしも社会の一員”」の発行
2.災害等緊急時に役立つ「災害用伝言ダイヤル(171)」等
  の安否確認サービスの認知啓発活動
3.小学生等を対象に、公衆電話での緊急通報のかけ方や171サービスを
  体験する「公衆電話教室」の開催
4.その他、地域の安全・安心に貢献する事業や、一般的な社会貢献活動(福祉施設慰問、
  地域環境クリーン、交通安全、防犯、募金等)


特に「こども手帳」は、子どもたちが交通事故や犯罪等から身を守ることを「自ら考え、行動する」視点で制作したもので、毎年全国各地の小学校(約1500校)に配付し、学校教育関係者から高い評価を受けています。また、「災害用伝言ダイヤル(171)」等の災害時に役立つ安否確認サービスの利用方法は、毎年50万人を超える多くの方々にPR活動を実施しております。東日本大震災以降ますます地域の防災意識が高まり、地震や大規模災害等の発生時における安否確認手段の役割が期待されておりますが、これからも各地域の防災訓練やイベント等での啓発活動に努めてまいります。


☆当会の詳細はホームページをご覧ください。
  • 災害用伝言ダイヤル171の体験会災害用伝言ダイヤル171の体験会
  • 公衆電話教室で緊急通報など体験公衆電話教室で緊急通報など体験
  • こども手帳の発行こども手帳の発行

二次元バーコード

日本公衆電話会(公益財団法人)2次元バーコード