文字サイズ

ムラバヤシリュウワサイガクエン

村林流和裁学苑

仕立屋に伝わる本物の和裁を個人指導

お電話はこちら

03-3781-0305

柄合わせの基本にのっとり、体の寸法に合わせて仕立てた着物がどれほど美しく着心地の良いものであるかを、また親子孫の代まで何度も仕立て直すことができる和服独特の伝統を、一人でも多くの方に知っていただきたいものです。

イチオシ情報

村林流は学校和裁とは異なる、専門家の合理的で洗練された仕立て方を基礎から丁寧に、個人のペースに合わせてお教えします。
肌襦袢、寝間着、浴衣、単衣、長襦袢、袷……と、段階を一つまた一つ乗りこえていくときの達成感はあなたに和裁の悦びを実感させてくれることでしょう。

  • 村林益子著「図説きものの仕立方」  (紫紅社刊)村林益子著「図説きものの仕立方」  (紫紅社刊)
  • 村林益子著「美しいきもの姿のために」(筑摩書房刊)村林益子著「美しいきもの姿のために」(筑摩書房刊)

詳細情報

村林流和裁学苑について
村林流和裁学苑は、名著と評判の高い 『図説きものの仕立方』
(1990年 紫紅社刊)の著者、村林益子(1925─2013)が1951年に創設した和裁教室です。
2011年以降は娘の村林千恵(1953‐)が苑長を継ぎ、益子の築いた指導方法そのままに、直門の多田なほみと共に寺子屋式の個人指導をおこなっています。

関心をもたれた方は、電話:03‐3781‐0305へおたずねください。
お稽古日に見学していただくことができます。


無言の教え‐‐‐‐‐‐村林益子
私がきものと切っても切れないかかわり合いを持っているのは、やはり呉服屋に生まれた母の影響が多いと思います。
先日も人形町(東京)を歩いていましたら、子供の頃よく母と歩いたことを思い出しまして、とても懐かしい思いがいたしました。

半衿や柄選びを母から褒められるととても嬉しくて、もう大得意になって、あれやこれやと選んだものでした。
このように小物一つ選ぶにしても、昔母から教わったことが今でも体の隅々に生きていて、とても役立ってくれております。
それはたとえ言葉に出して言われたことでないにしても、母親を見ていると自然に身に付くことが多いものです。

まず、帯やきものはもちろん小物類をいたわるという心を母から学びました。母は、帯も帯じめもいつも同じところで締めたりはしませんでした。同じところでばかり締めますと傷んで可哀想ですからね。

それからもう一つは、着る人の身になって仕立てるということです。
私は、さらしの肌じゅばんやゆかたは一度水通しをしてから仕立てることにしております。
こうすると洗った時に丈が縮むのを防ぐことが出来ます。
特に男物のゆかたはつい丈ですから欠かせません。
これは母の心づくしがそのまま生きております。

ものに対しても人に対しても、ほんのちょっとした心づかいをする。これは簡単なようで一朝一夕に身につくものではありません。
ましてお金で買えるものでもない「心」というものを、歳月をかけて、母から娘へと受け継ぐことが出来たら、これに勝る宝はないと思うのです。

         「日本の大切なきもののための遺書」(1990) より
  • 初めての方でもマンツーマンで上達します初めての方でもマンツーマンで上達します
  • それぞれのペースに合わせて進みますそれぞれのペースに合わせて進みます

二次元バーコード

村林流和裁学苑2次元バーコード