文字サイズ

コトリノセンタービョウインイケブクロイン

小鳥のセンター病院・池袋院

小鳥のセンター病院は明るく親切な小鳥の病院です。

お電話はこちら

03-5960-3411

明るくしんせつな小鳥のセンター病院です。
年中休みなく常に新しい医療で小さな命を守っています。
  • JR池袋駅・西口出口徒歩3分JR池袋駅・西口出口徒歩3分
  • 受付受付
  • 診察の様子診察の様子

詳細情報

■診療対象
★オウム・インコの仲間
セキセイインコ、コザクラインコ、ボタンインコ、オカメインコ、コガネメキシコインコ、ウロコメキシコインコ、ヒオウギインコ、ワカケホンセイインコ、ダルマインコ、オキナインコ、アケボノインコ、ドウバネインコ、ズグロシロハラインコ、シロハラインコ、サザナミインコ、マメルリハインコ、セネガルパロット、ハネナガインコ、クサインコ、ローリー、ロリキート、ボウシインコ、コバタン、コキサカオウム、キバタン、タイハクオウム、オオハナインコ、ヨウム、コンゴウインコなどなど大型、中型、小型、全科全種

★フィンチの仲間
ブンチョウ・ジュウシマツ、カナリア、コキンチョウ、キンカチョウなど

★ソフトビルバード
キュウカンチョウ、オオハシの仲間、ソウシチョウなど

★家禽
ウズラ、ニワトリ、チャボ、アヒルなど

★ハト
ハト、ジュズカケバトなど

★猛禽 ワシ、タカ、フクロウ

★和鳥
メジロなど

■小鳥がこんなときは病院へ

1:食欲がない
じっとして、食事をしないとか、ずっと食事をつつく格好だけして食べていないときは注意が必要です。小鳥は一日食べないと低血糖になり死んでしまいます。一刻も早く病院へおいでください。

2:膨らんでいる
小鳥が羽を立ててふくらんでいる状態はどこか体の具合が悪い時です。小鳥も人間と同じようにカゼをひきますし、お腹も壊します。時には肝臓や心臓も悪くしたり、ガンになったりします。早めに病院へおいでください。

3:下痢をしている
便が緑色になったり、ベタットしたりするときが下痢です。ひどくなると黒くなったり、赤い血がまざったります。急にエサを変えたり、人間の食べ物を食べたり、寒かったりするとよく下痢になります。下痢になると栄養が体に吸収できません。早く病院へおいでください。

4:吐いている
カゴや周囲にツブ餌を飛ばしたり、顔がダ液で汚れたりしているのは小鳥が嘔吐しているときです。ソノウ(前胃)にバイキンが入ったり、異物を飲み込んだりしたときに見られます。原因を調べに早く病院へおいでください。

5:お腹が最近大きくなった
最近太ったのかな?とか卵がお腹の中にあるのかな?と、よく思いがちですが、ほとんどが病気です。お腹に水がたまったり、ガンになっていたり、重い病気のことが多くあります。レントゲン、エコー検査やCT検査が必要です。手遅れにならないうちに病院へおいでください。
  • この建物の2階です。この建物の2階です。
  • 明るくしんせつな病院です。明るくしんせつな病院です。
  • 入院設備・バードホテル有入院設備・バードホテル有

二次元バーコード

小鳥のセンター病院・池袋院2次元バーコード