文字サイズ

カブシキガイシャムライ

株式会社村井

荒川区町屋の桐箪笥専門店
桐たんすの製造・販売・更正・修理など

お電話はこちら

03-3892-0597

  • 荒川区 町屋駅 桐箪笥 桐たんす 株式会社村井
下町風情溢れる荒川区町屋の桐箪笥専門店
祖父の代から続く東京桐箪笥専門店です。
◆三代目は、荒川区指定・登録無形文化財保持者
桐たんす職人の“仕上げ技術”
で造られた桐たんすは永続的にご愛用頂けます。
桐たんすの製造・販売・更正・修理等、桐たんすの事なら何でもお気軽にご相談下さい。
電話03-3892-0597

イチオシ情報

☆お見積無料!
☆和家具(桑の指物のタンスなど)の修理も承っております。
☆何でもお気軽にご相談下さい!!

  • 荒川区町屋駅の東京桐箪笥専門店 株式会社村井◆家具修理・再生荒川区町屋駅の東京桐箪笥専門店 株式会社村井◆家具修理・再生
  • 株式会社村井◆職人(荒川区登録無形文化財保持者)が造る桐箪笥株式会社村井◆職人(荒川区登録無形文化財保持者)が造る桐箪笥
  • 株式会社村井◆桐たんすの製造・販売から更正、修理まで承ります株式会社村井◆桐たんすの製造・販売から更正、修理まで承ります

詳細情報

下町風情溢れる荒川区町屋の桐箪笥専門店
株式会社村井
祖父の代から続く東京桐箪笥専門店です。
桐たんす職人三代目が造る“仕上げ技術”
江戸の桐たんす製作の技術は、18世紀半ばに指物師の技術から専業化したとされ、あわせて仕上げの技術も確立されてきました。
色付け作業において重要なのが、砥の粉でありヤシャ液との調合により仕上がりの色が変わるため、職人により仕上がり方が異なると言われています。
桐たんす職人三代目(荒川区登録無形文化財保持者)が造る桐たんすは生涯に渡りご愛用いただけます。
大正10年創業
兄弟2人でやっている三代続いた桐箪笥専門店
荒川区指定・登録無形文化財保持者
荒川区伝統工芸技術保存会会員
東京都伝統技術後継者
桐たんすの標準修理(金具のとり替え含む)13万6,500円(税込)
他に和家具(桑の指物のタンスなど)の修理も承っております
お見積無料
桐たんすの製造・販売・更正・修理など、桐たんすの事なら
何でもお気軽にご相談下さい。
電話 03-3892-0597

≪“あらかわ区報”に紹介されました≫
平成27年(2015年)4月1日 新しく登録・指定した文化財
*-*-*無形文化財(工芸技術) 桐たんす仕上げ*-*-*
村井さんは、町屋生まれで、大正10年(1921年)、祖父が町屋で独立開業し、父が受け継いだ「株式会社村井」を、兄(区登録無形文化財保持者)と共に経営しています。
桐たんす仕上げの技術は、父の工房の職人の下で修得しました。
兄が組み立てまでを行い、村井さんは仕上げ削り・色付け・金具付けなどの仕上げを行います。
40年以上、桐たんすの仕上げに携わってきたその技術は、区にとって貴重です。

【東京桐箪笥の特長】
桐は古来より、湿度の高い日本で、すぐれた良材として貴重品の箱や衣類の収納家具として使われてきました。
耐湿性があって、通気性に富み、内部をいつも一定の乾燥状態に保ちます。
伸縮性が少なく軽い、柔さは内部の収納品の出入れにも傷める事はなく使い良さは最高です。
古い品物も更正によって新品同様になりますので永続的にご愛用いただけます。
江戸職人の伝統と技術は気質とともに受けつがれ、最高級品にふさわしい桐たんすを誇りをもって製造して居ります。


  • 荒川区の桐箪笥専門店◆桐たんす職人三代目が造る“仕上げ技術”荒川区の桐箪笥専門店◆桐たんす職人三代目が造る“仕上げ技術”
  • 荒川区町屋 大正10年創業の桐箪笥専門店◆三代目職人技上塗り荒川区町屋 大正10年創業の桐箪笥専門店◆三代目職人技上塗り
  • 荒川区の桐箪笥専門店 株式会社村井◆三代目職人技ロウ引き荒川区の桐箪笥専門店 株式会社村井◆三代目職人技ロウ引き

二次元バーコード

株式会社村井2次元バーコード