品川区中延の久保眼科クリニックでは、お子様の斜視や弱視など小児眼科に力をいれております。

小さなお子様の目の障害は外からは分かりにくいため、見過ごされやすく保護者でも気がつくのが遅れてしまうのが現状です。もし下記ような症状があれば、斜視や弱視など、何らかの目の障害を抱えている可能性があります。当院では、0歳から診察しております。3歳になれば詳しい検査も可能になりますので、お気軽にご相談ください。視能訓練士も在籍しており斜視や弱視の訓練治療もおこなっています。

黒目が左右違う方向に向いている
頭を傾けて物を見ている
テレビを前の方で見ている
眩しそうにしている
片目だけつぶっている

斜視とは…

黒目の位置は、生後3~6ヶ月で安定し、両眼視(両目で目標物を見ること)は、6才までにほぼ完成しますので斜視のほとんどが3~4歳くらいまでに気づきます。物を見るときは、通常右目も左目の黒目も、見ようとする物の方向に向いています。ところが、片方の目が違う方向を向いているお子様がいます。つまり、目線が合っていない状態で、これを「斜視」といいお子様の全体約2%に見られます。斜視になると、位置がずれているほうの目を使わなくなってしまうので、弱視になってしまうケースも少なくありません。

斜視の原因
原因の多くは、目にある筋肉のバランスの乱れです。

早目の治療が大切です。
お子様の黒目の位置がおかしいと感じましたらお気軽にご来院くだいさい

. 斜視の治療
視力向上訓練や視能訓練を行います。種類や年齢に応じて治療法も異なっていきますが、大切なことは、両目の視力を良くしていくことです。斜視では、外れている方の目が弱視になっていることが多く、これを改善していくことが斜視治療の第一歩です。次に、目の位置をまっすぐに直していきます。眼鏡を使用するだけで改善される場合もありますが、症状によっては手術を必要とします。

弱視とは…

弱視とは、斜視や屈折異常があったり、視覚の発達期にちゃんと物を見る機会がなかったために、片眼または両眼に視機能の低下が発生してしまった状態をいいます。視力が発達する期間を「感受性期間」といいます。視力の成長期間はとても短く、8歳頃に成長は終了してしまいます。この間、何らかの理由で成長が妨げられてしまうと、「弱視」となります。

弱視の主な症状
片眼または両眼ともに視力が低く、両眼視機能も低い状態となっています。
ただし、お子様が自分で症状を訴えることはほとんどありません。

早目の治療が大切です。
早期に治療をすれば6~8歳までに矯正視力が回復する場合が多いです。
ただし、裸眼視力は低いままのことが少なくありません。

.  弱視の治療
屈折異常(遠視・近視・乱視など)がある時はメガネをかけます。メガネトレーニングだけで十分な効果が出ない場合、アイパッチ(目にはるシール)を装着し、治療中の目を強制的に働かせ視力の発達を促していきます。トレーニングや検査は視能訓練士が治療が嫌にならないように声掛け・アドバイスをして根気よく進めていきます。
※先天白内障の場合は、白内障手術を行った後に弱視治療を開始します。

視能訓練士がお子様に寄り添い根気よくサポートいたします。

品川区の久保眼科クリニックは、眼科の医師だけでなく視能訓練士(ORT)が勤務しております。視能訓練士が、診断や検査データだけでなく、お子様一人ひとりの性格や個性を読み取り、尊重した上で最適な治療プランを立てていきます。お子様自身が「治したい!」という気持ちを持って、治療にネガティブな気持ちを持たないようサポートしていきます。このように、お子様の目の治療にはお子様と視能訓練士のコミュニケーションがとても重要です。

医師だけでなく視能訓練士と協力して治療にあたります。
お子様とのコミュニケーションを大切に治療していきます。
お子様の性格や個性を尊重し治療プランを立てていきます。
お子様が嫌がらず治療を続けられるようにサポートしていきます。
何でも相談できる雰囲気作りを心がけております。

. 視能訓練士(ORT)とは?
 大学や専門学校で目に関して専門的に勉強し、斜視・弱視、その他の眼科検査のエキスパートとして国家資格を持つ専門技術者です。お子様の斜視や弱視にとどまらず白内障・緑内障など目の病気はもちろん、メガネのことなど、親身になって患者さんやご家族のご相談に応じています。

小児眼科よくあるご質問

Q.小児眼科は何歳から受診できますか?
A.0歳から受診可能です。
視力などの検査が可能なのは3歳くらいとなりますが、診察はできますので気になる症状がありましたら早目に受診くだいさい。

Q.子どものメガネには保険がききますか?
A.9歳未満の斜視、弱視で治療のためのメガネであれば健康保険が適応されます。

Q.斜視は自然に治りますか?
A.通常は、放っておいても自然に良くなることは基本的にありません。

Q.斜視の検査とはどのようなものですか?
A.視力、屈折、両眼視機能、眼底検査などを行います。

Q.弱視治療は何歳まで可能でしょうか?
A.視力が発達する感受性期間に限られるため、対象年齢は通常8歳頃までとなります。検査は3歳未満でも可能ですのでお早めにご来院くだいさい。

Q.弱視の治療をしたらメガネはいらなくなりますか?
A.屈折異常のため、裸眼視力は低いままのことが少なくありません。弱視の治療とは、メガネをかけて見えるようにすることです。

Q.久保眼科クリニックでは手術を行っていますか?
A.当院では斜視等の手術は行っておりません。手術が必要と判断した場合は、手術設備のある専門病院をご紹介いたします。

お子様の目に関しまして気になることがありましたら久保眼科クリニックにご相談ください。

お子様のの目の障害や病気は、早期発見すればする程、良い治療効果が期待できるケースが多々あります。お子様の目の様子が少しでも変だなと気づきましたら、できるだけ早くご来院くだいさい。また、何も気にならなくても、お子様が3歳になられましたら一度受診なさることをお勧めいたします。品川区中延の久保眼科クリニックは、荏原町駅徒歩2分/中延駅徒歩4分のとても便利な場所にあり、土曜日も夕方5時まで診察しております。

主な小児眼科疾患
小児眼科で診療する目の病気の主な代表例は以下の通りです。
斜視・弱視・遠視・近視・乱視 など

乳幼児期は視能の発達にとって大切な時期です。
視力の発達する期間(生後~6歳)に何らかの理由で「物をしっかり見る」ことが妨げられてしまうと視力が発達しません。

. お問い合わせ
久保眼科クリニック TEL:03-3784-0493

. 診療時間
平日  9:00~12:30/15:00~18:30
土曜  9:00~12:30/15:00~17:00
往診 13:00~15:00
休診日 金曜・日曜・祝日
ご予約は不要です。
初診の際は保険証・医療証等を必ずお持ちください。
 

お電話はこちら

03-3784-0493

久保眼科クリニック
TEL:03-3784-0493
東京都品川区中延6丁目6-3
東急大井町線 荏原町駅徒歩2分/中延駅徒歩4分
都営浅草線 中延駅徒歩4分
http://www2.odn.ne.jp/kubo-i/

院長 久保 輝清
昭和54年 日本大学理工学部薬学科卒業(薬剤師免許取得)
昭和55年 富山医科薬科大学(現富山大学)医学部入学
昭和61年 富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒業
昭和61年 帝京大学医学部眼科教室入局
昭和63年 水戸赤十字病院眼科派遣
平成 2年 帝京大学医学部眼科教室帰局
平成 3年 帝京大学医学部眼科助手(眼科専門医取得)
平成 6年 牛久愛和総合病院眼科部長
平成 9年 久保眼科クリニック開院

日本眼科学会専門医
日本弱視斜視学会
茨城県メディカルセンター視覚言委員会委員
茨城県メディカルセンター協力医
茨城県メディカルセンター 視覚事業

診療科目 眼科、小児眼科
・一般的な眼科診療
・小児の斜視・弱視の診療
・網膜硝子体疾患
・緑内障
・ドライアイ
・花粉症
・OCTによる網膜画像診断
・眼鏡処方
・コンタクトレンズ処方

バリアフリー対応
当院では多くの患者様がご来院いただけるようバリアフリーを心掛けております。
車イスやベビーカーでのご来院、診察を受けていただくことが出来ます。