文字サイズ

シュウキョウホウジンフミョウジ

宗教法人普明寺

一千年の歴史を伝える≪拝島山大日堂≫ 
天台宗普明寺

お電話はこちら

042-541-1009

  • 昭島 拝島 お寺 寺院 祈願
≪天台宗拝島山普明寺≫
1573年創建 天台宗。本尊は大日如来。東京都史跡指定の大日堂の別当寺。
大日堂を中心に普明寺、本覚院(拝島大師)、円福寺、日吉神社を含む拝島山の
寺域は都指定の史跡である。地元の人々に「拝島の藤」でも親しまれております。

イチオシ情報

☆..・゜拝島の藤(東京都指定天然記念物)☆..・゜
 推定樹齢約800年 千歳の藤とも呼ばれます
 数年前までわずかな花しかつけなかった老木ですが、地域の皆様のご尽力により、再び見事な花を咲かせています
 満開は5月のゴールデンウイーク明けくらいです

  • 木造阿弥陀如来坐像木造阿弥陀如来坐像
  • 木造大日如来(金剛界)坐像木造大日如来(金剛界)坐像
  • 木造釈迦如来坐像木造釈迦如来坐像

詳細情報

=天台宗拝島山普明寺=
東京都史跡指定の大日堂の別当寺。天台宗。本尊は大日如来。天正元年(1573)創建 

◆行事
 ○新春初詣
 ○写経会 毎月第2金曜日
 ○ご詠歌 毎月第2・第4木曜
 ○詠舞 毎月第1・第3月曜
 ○絵手紙を楽しむ会 毎月第4土曜
 ○てらコンサート

 ◎開かれたお寺として、檀家や地域の人々に、親しまれる楽しい企画を実践しております


☆拝島山大日堂☆
天台宗拝島山普明寺の総本堂である大日堂は東京都史跡指定!一千年の歴史があります

≪大日堂縁起≫~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
境外仏堂である大日堂の創建は、一千年の昔にさかのぼり、天暦6年(952)玉川花井の島から、大日如来の尊像が出現し、人々がお堂を建て拝んだところから、拝島の地名がついたと伝えています

その後、戦国時代になって、小田原北条氏の一族、北条氏照によって滝山城が築城された時に、城の鬼門除けとして現在地に移され、天正元年(1573)には、滝山城主北条氏照の重臣、石川土佐守が、娘おねいの眼病を祈願し、平癒により堂宇を再建し、「大日八坊」といわれた一山八ケ寺を建立されたと云われます

江戸時代に入り、天正19年(1591)には徳川幕府より朱印10石を下賜され、享保17年(1732)には大日堂の位置を石段上の現在地に移し、建物を再建しました
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

境内は大日堂を中心に薬師堂、鐘楼、仁王門と、天台宗の守護社である日吉神社によって形成され、典型的な天台宗の寺域を構成する都内でも数少ない境域として、「東京都史跡」に指定されています

右上の写真は東京都史跡指定の拝島山大日堂の初詣の光景です

https://goo.gl/maps/q69mwkdKp192

◆護摩祈願
 諸願成就・家内安全・商売繁盛・厄除け(やくよけ)・交通安全・入学成就・病気平癒 など

◆文化財
≪東京都指定有形文化財≫
 <大日堂内>
  ・木造大日如来 (金剛界) 坐像
  ・木造釈迦如来坐像
  ・木造阿弥陀如来坐像
 <仁王門>
  ・木造金剛力士立像 2躯

≪東京都指定天然記念物≫
  ・拝島の藤

≪市指定文化財≫
  ・「おねい」の井戸
  ・山王祭礼図絵
  • 仁王門仁王門
  • 仁王門金剛力士像、阿形仁王門金剛力士像、阿形
  • 仁王門金剛力士像、吽形仁王門金剛力士像、吽形

二次元バーコード

宗教法人普明寺2次元バーコード