文字サイズ

ホウセンジ

法宣寺

里山にひっそりと佇む山寺です

お電話はこちら

043-445-5736

雪を冠る寝釈迦様と法宣寺

イチオシ情報

お墓のご案内
社会の変化とともに家族の構成、仕事、そしてお墓を巡る諸事情が大きく変化しています。
法宣寺は里山にあるお寺として古くからの伝統を守りつつ、承継者の無い方も安心して頂けるよう一般墓とあわせて「永代墓、夫婦墓」としてのご供養を申し受けております。
ご相談ください。

詳細情報

歴史  

法宣寺は室町時代、1457年に当時の根古谷城主によって創建されました。
根古谷城主の子息が病にふせっていた折、この地を布教で訪ねてきた松戸本土寺の第九世日意(にちい)上人が七日間の祈祷で病を平癒させました。その感謝のために建立されましたのが法宣寺です。
江戸の時代には、日本橋界隈から、神田、そして江戸城中にまでも信仰をあつめておりました。
明治期には、皇族で有らせられます村雲法尼の御信教を賜っております。

景色  

法宣寺の建ちます根古谷地区と隣接する岡田地区、西御門地区、七曲地区の四ヵ村を総称して古くは塩古(しおご)と言いました。
また、お堂が佇む里山はお釈迦が横たわるお姿に似ていることから寝釈迦様と呼び慕われております。   
    

  • 法宣寺山門  法宣寺山門  
  • 境内    境内    
  • 境内に咲く大賀蓮境内に咲く大賀蓮

二次元バーコード

法宣寺2次元バーコード