一級建築士【村田輝夫(有限会社都市総合デザインシステム)】が教える、建築施工業者の正しい選び方

「家を建てるならハウスメーカー」という考えが根強いようです。
テレビコマーシャルなどでは、夢にあふれた、素晴らしいデザインの家が映し出され、展示場でも営業マンの方から夢のある話ばかり聞きますが、本当にそうなのでしょうか?
住まいづくりに取り組んでいる方には、ハウスメーカーで建てるのか/工務店で建てるのかを決める前に、ハウスメーカーの実態や会社の仕組みを知っておくことをおすすめします。

まとめ:「ハウスメーカー」の成り立ちから生じた問題点とは

  1.  出発が建設プロの会社ではなく、他の産業若しくは全く住宅に関係のなかった著名なメーカー企業が投資してつくった会社であること。
  2.  自らは、マスコミなどのメディア媒体を利用して集客するという手法を用いていたため、住宅建設会社というより、住宅建築の注文をとることを専業とする、住宅商社とも云うべきものであったこと。
  3.  販売のみに力が置かれて、技術職員は少なく、精々、少数の建築士や建築技術者を置くのみで、多くは各地の地場の工務店に一括下請けをさせる仕組みであったこと。
  4.  元請のハウスメーカー、一括下請工務店、孫請工務店、さらにその下にいる各種職方・職人、というような重畳的な重層下請制度の下で、工事請負契約などの発注者である顧客に対し、誠実な履行が担保できる仕組みになっていなかったこと。

ハウスメーカーの存在は、決して悪ではありません。社会経済の根幹を支え、裾野の広い産業社会を支えているのも事実です。
しかし、企業は利益を追求するために経済活動を行っています。この利益を優先せざるを得ない企業体質から消費者の利益を守るためには、第三者の客観的な視点から、セカンドオピニオンとして、また、「信用のネットワーク」を有する建築専門家の関与が求められています。

会社名:有限会社 都市総合デザインシステム 一級建築士事務所
所在地:〒275-0017 千葉県習志野市藤崎2-15-4
TEL:047-403-7371
FAX:047-403-7361
代表者:村田 輝夫
一級建築士
福祉住環境コーディネーター
住宅性能評価員
建築Gメン
公認 不動産コンサルティングマスター
宅地建物取引士(旧称:宅地建物取引主任者)

お電話はこちら

047-403-7371