文字サイズ

ニ エモンジマ

仁右衛門島

紺碧の海に浮かぶ小さな島 二丁櫓の手こぎ船で島へ渡ります。

お電話はこちら

04-7092-3456

仁右衛門島はその名の通り南房総の海に
ぽっかりと浮かぶ面積三万平方メートル程の“島”です。
昔から所有者の平野仁右衛門が一戸だけ住んでいる所から
“仁右衛門島”(にえもんじま)と呼ばれています。
千葉県指定の名勝で、新日本百景の地としても選ばれております。

お知らせ

仁右衛門島は源頼朝や、日蓮聖人の伝説で知られ、松尾芭蕉などの著名な方の句碑や歌碑もあります。
島の周囲に広がる海はいつも青く澄んでいて、春には磯遊び、夏には海水浴がオススメです。
そして、四季を通して花々が絶えることなく咲いているので時には歩みを止めて足下に目を向けてみて下さい。
※仁右衛門島にペットの持ち込みは出来ません。

詳細情報

【仁右衛門島の見所】
○島の周りの岩々
島の周囲には様々な形をした岩が点在しています。
とんび岩、亀岩、屏風岩等!
島の周遊コ─スを散策しながら見つけて下さい。

○島からの眺め
島は太平洋の中に浮かんでいますから海も陸もいつもと違う景色です。
ぜひ展望所からの景色を堪能して下さい!

○句碑・歌碑
源 講修歌碑 天保三年(一八三二)五月建立
以津の世にひらき初けむ仙人の壽美可に奈らふ古例の蓬島

芭蕉塚(松尾芭蕉句碑) 天保十一年(一八四〇)三月建立
海暮れて 鴨の聲 ほのかに白し

水原秋桜子句碑 昭和四十年(一九六五)十月九日建立
巌毎に 怒涛をあけぬ 春の海
虹立つや 雨雲ひくき 波の列
鶺鴒も 千鳥も飛ふよ 初あらし
冬凪きて 岩壁映ゆる 夕焼雲

富安風生句碑 昭和五十四年(一九七九)二月十八日建立
初渚 ふみて齢を 愛しけり

岡本眸句碑 平成四年(一九九二)十月四日建立
女手に 井のふたおもき 雪柳

小出秋光句碑 平成四年(一九九二)十一月一日建立
暖かし わた津みに降る ものヽ声

小枝秀穂女句碑 平成五年(一九九三)五月二十七日建立
鯛曼陀羅の 海をはるかに 髪洗ふ

鈴木真砂女句碑 平成七年(一九九五)三月五日建立
あるときは 船より高き 卯波かな

○島に伝わる伝説、島の神々
蓬島弁財天祠・寿老人合祀
神楽岩・日蓮聖人霊地
正一位稲荷大明神
源頼朝の隠れ穴

○平野家住居周辺
石段を上ると、大きな木造の門が目に入ります。
門をくぐり中へ入ると島主の住居です。
一七〇四年(宝永元年)に建て直したものといわれ南天の床縁、桑の天井板、手斧削りの帯戸等が使用されていて歴史を感じさせます。
奥庭には樹齢六〇〇年といわれる大蘇鉄があります。

○住居周辺の記念碑
皇太子殿下御見学記念碑 昭和二十三年一月六日
義宮・常陸宮殿下御来島記念碑 昭和二十三年三月十五日 昭和四十年六月二十七日
三笠宮殿下御来島記念碑 昭和三十三年四月九日

二次元バーコード

仁右衛門島2次元バーコード