文字サイズ

オグラキヨウセイシカ

おぐら矯正歯科

JR千葉駅・京成千葉駅より徒歩5分 
土曜も午後6時迄診療

お電話はこちら

043-247-8373

千葉駅近くで矯正治療を専門に行なっております。
矯正歯科を初めて訪れるのは勇気がいるかもしれません。
本当に治るのかとか長期に渡り通院できるのかなど不安感を抱く方もおられる様ですが
適確な診断の下、本人の協力があれば大丈夫です。
当院ではゼロベースバイオ法にて診断・治療を一貫して行なっております。

お知らせ

休診のお知らせです。

院長が講習会に出席するため、
11月26日(月)は、休診とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

  • おぐら矯正歯科 待合室おぐら矯正歯科 待合室
  • 診療室診療室
  • 複数のドクターによる治療計画の作成複数のドクターによる治療計画の作成

詳細情報

矯正治療の流れ

初診・相談
噛み合わせや歯並び、お顔を予め撮影し、それを画面で見ながら適切な治療開始時期や、治療内容、費用などについての概要を30分から60分程時間を頂いてご相談・ご説明致します。お解かりにならないことがあれば、年齢や不正の程度の大小等に拘わらず、ご納得の行くまでご相談下さい。

精密検査
歯や顔のレントゲン、口や顔の写真、歯型など、必要なデータを60分から90分かけて採らせて頂きます。(痛みを伴う様な検査はありませんので安心して年齢を問わずに受けられます)

診断
精密検査の結果をもとに現在の状態・原因・治療計画・治療方法・期間・費用等について充分に時間をかけてご説明致します。



当院の治療法について


精密検査の結果出された診断により治療計画を立て、それに見合う装置を選択します。

(1)床矯正装置
自分で取り外しのできる装置で、主にまだ乳歯が残っているような小児に使用することが多い装置です。取り外しができるので歯磨きはし易いのですが、指示された時間しっかり使用しないと治療は進みません。

(2)マウスピース型矯正装置
半透明な弾力性のある素材でできた、取り外し可能なマウスピースの様な装置で、治療中何度か作り直す必要があります。一日中装着することが難しいので、比較的治療期間が長くかかり、また適応症例も限られます。

(3)機能的矯正装置
取り外し可能な装置で、他の装置と違いスプリングやゴムなどで歯を動かすのではなく、噛む力や前に出した下顎が元に戻ろうとする機能力を用いて、上下顎の調和を計る装置である。主に成長期の患者様に使用します。

(4)固定式の矯正装置
いわゆる一般的なワイヤーとブラケットからなる装置で、ブラケット(歯に着ける装置)やワイヤーには、いろいろなタイプのものがあります。
当院では、目立ちにくい半透明なブラケットを歯並びの表側につけ、そこに金属のワイヤーを結んで行うエッジワイズ法の一つであるゼロベース法で治療を行っております。

おぐら矯正歯科
千葉市中央区新田町2-19
TEL:043-247-8373
  • 床矯正装置床矯正装置
  • マウスピース型矯正装置マウスピース型矯正装置
  • 固定式の矯正装置固定式の矯正装置

二次元バーコード

おぐら矯正歯科2次元バーコード