文字サイズ

チハラダイジビインコウカ

ちはら台耳鼻咽喉科

京成ちはら台駅徒歩1分
 耳、鼻、のどに関する耳鼻咽喉科全般

お電話はこちら

0436-75-8733

京成電鉄千原線「ちはら台」駅徒歩1分
当院では耳、鼻、のど、めまいに関する
耳鼻咽喉科領域全般を取り扱っております。
大学病院での経験を存分に活かし、
一般的な治療から高度な内容までご相談に応じます。

早期発見・早期治療を心がけ、不明点や疑問点について
納得いくご説明を行い、満足いく治療を行っていきます。

お知らせ

◆院内は都市計画に基づいたバリアフリー構成といたしました。
◆車いす専用駐車場もご用意しております。駐車場は24台車を止めるスペースがありますので、
 比較的ゆったりと駐車できます。もちろん駐輪場もございます。
◆キッズルームや授乳室も完備。
◆できるだけ患者様の負担が軽くなるようインターネット予約を導入いたしました。
 患者様の待ち時間の効率化により、当院へお越しになる際の利便性がより高まれば幸いです。

詳細情報

診療内容

主な耳の病気
お子様は、大人よりもはるかに耳鼻咽喉科領域の疾患にかかりやすく、しかも治りにくかったり、繰り返したりすることも多いものです。
なかでも毎年、風邪のはやる時期になると、とても多くなる耳の病気に急性中耳炎があります。
お子様にとっても特に多い耳の病気ですが、鼻風邪として治療を行っていてもなかなか治らず、実はやはり急性中耳炎に罹患していたという症例も少なくありません。

●中耳炎
●外耳炎
●耳垢栓塞
●難聴
●耳鳴り
●めまい

このような時はご相談下さい。
・聞こえにくい、聞こえない
・耳が痛む
・耳たぶを引っ張ると痛む
・耳鳴りがする
・耳に痒みがある
・めまいがする
・周囲の音が聞こえにくい
・耳だれが見られる
・耳が詰まったような感じがする
・耳そうじをしたい など


主な鼻の病気
鼻は外鼻と鼻腔、副鼻腔によって構成されています。
なかでも鼻腔には、穴の中を通る空気を暖め、湿気を与え、埃などの異物を取り除き、さらに匂いを感じるといった、多くの重要な機能があります。鼻の病気には、主に以下のようなものがあります。
●アレルギー性鼻炎
●急性鼻炎
●慢性鼻炎
●急性副鼻腔炎
●慢性副鼻腔炎
●鼻出血

このような時はご相談下さい
・くしゃみや鼻水が止まらない
・粘り気のある鼻水が出る
・鼻の痛みが続く
・鼻に痒みがある
・鼻づまりが続く
・鼻にできものがある
・鼻血が出た
・嗅覚障害があるようだ
・よくいびきをかく など


おもなのどの病気
のどの調子が悪くなったとき、耳鼻咽喉科と内科のどちらにかかれば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか?
咳や痛みなどの、のどの症状は、鼻の症状と関係していることがよくあります。のどの調子が悪いなと感じたら、のどと鼻の専門家である耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。
●急性扁桃炎
●急性上気道炎
●急性咽頭炎
●急性喉頭炎
●慢性咽頭炎・慢性喉頭炎
※ 逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)
●声がれ
●喉頭がん

・ 声門上がん ・ 声門がん ・ 声門下がん
このような時はご相談下さい
・風邪をひいた
・のどの痛みがある
・咳が続く
・のどの違和感がある
・声がかれる
・のどにできものがある
・味覚障害があるようだ など



睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群とは
文字通り、眠っている時に呼吸停止、または低呼吸になる病気のことです。
「いびきがうるさいと言われる」「日中眠い」「朝起きると体が重い」の
いずれかがあれば、
睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中の無呼吸状態が続き、十分な睡眠が得られず、そのため日中の眠気を引き起こします。
授業中や運転中でも居眠りを催すため、日常生活に支障の無いよう治療を行うことが重要です。
治療を引き伸ばすと交通事故だけでなく、高血圧や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血や糖尿病などの発症確率が正常な人と比べて大幅に上がります。

主な症状は下記の通りです。

●睡眠時
・いびきがうるさい
・呼吸が乱れる
・息苦しく目が覚める
・夜中にトイレに行く回数が増える
など

●日中
・起床時の頭痛
・居眠りの頻度が高い
・倦怠感がある
・集中力が低下する
など

二次元バーコード

ちはら台耳鼻咽喉科2次元バーコード