相続・遺言に関するこのようなご相談はお任せください

相続人間に争いがあるわけではないが、後々問題が生じないように、しっかりとした遺産分割をしたい。
遺産分割協議や協議後の手続きをサポートしてほしい。
夫が亡くなり、私と夫の兄弟姉妹が相続することになったが、自分だけでは遺産分割協議をまとめる自信がない。
亡くなった父が私に一方的に不利な遺言を遺していた。生前の父は私と非常に仲が良かったので、父がこのような遺言を遺したとは信じられない。 等
その他、お困りのことはどうぞ遠慮なくご相談ください。

相続・遺言問題に強い!川越第一法律事務所

【請求内容】
遺言・相続放棄・相続人調査 ・遺産分割・相続登記・名義変更 ・任意後見 ・財産目録・調査

=重点取扱案件=
遺産分割協議
生前贈与
事業承継
遺言無効確認請求訴訟
遺言書作成
相続税申告

など

相続・遺言のことなら川越第一法律事務所にご相談ください

遺産相続に少しでも不安・疑問を感じたら・・・
弁護士にご相談ください!
相続・遺言に強い弁護士事務所・川越第一法律事務所だからこそできる解決方法があります。

正しい法律知識でベストな解決方法を導きます。
他の相続人との交渉を代理で行います。
書類集め、申告など、面倒な手続きを一切請け負います。
実績多数の弁護士集団が、相続問題を丸ごとサポートします。
*電話相談可能
*初回相談無料
*相談時に見積り作成可能
*相談体制が整った環境
*ご自宅出張サポート
*他士業と連携

相続・遺言に関するさまざまなご相談をお受けし、経験豊富な弁護士が迅速に対応いたします。
依頼者様にとって最善の解決を目指します。

相続・遺言に関するよくある質問

Q.相続人が全くいない場合、財産はどうなりますか?
A.特別な事情がない限り、遺産は国庫に帰属します。

Q.連れ子は養父の相続に際して相続する権利はありますか?
A.継親と連れ子の間で養子縁組を行っていない場合、法律上の親子関係はないため相続人となることはできません。

Q.亡くなった親に借金があった場合、どうなりますか?
A.原則は財産も借金も相続人が全て引継ぐことになりますが、「限定承認」又は「相続放棄」を行えば、借金の相続を免れることができます。

Q.遺言はビデオ録画やテープに録音したものでも有効ですか?
A.ビデオやテープでの遺言は法的には無効です。

Q.遺言書は一度作成してしまうと取り消せませんか?
A.遺言書はいつでも訂正・取消すことができます。

Q.無料相談だけでも大丈夫ですか?
A.もちろん可能です。
しつこい勧誘なども一切ございませんのでご安心ください。

Q.営業時間内に行けないのだけれど…
A.事前にご予約いただければ、時間外・休日もご相談可能です。

川越市の川越第一法律事務所にご相談ください

川越市 川越駅徒歩3分にある地域密着の弁護士・法律事務所です。
遺言・相続だけでなく、様々な案件を取り扱っており、依頼者様にとって最善の解決を目指します。

●事業承継 ●民事信託 ●任意後見 ●民事事件
●会社設立 ●契約実務 ●労働問題 ●債権回収
●離婚・男女問題 ●不動産・建築 ●債権回収 ●借金・債務整理
●交通事故 ●労働問題 ●インターネット問題 ●犯罪・刑事事件

*初回相談無料 *時間外・休日相談可(要予約)
何かお困りのことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

お電話はこちら

049-298-8836