文字サイズ

クラムボンドウブツビヨウイン

クラムボン動物病院

入間市の頼れる動物病院です
犬・猫・ウサギ等小動物・鳥・爬虫類

お電話はこちら

04-2963-5359

  • 入間市の動物病院『クラムボン動物病院 』
  • 入間市の動物病院『クラムボン動物病院 』
  • 入間市の動物病院『クラムボン動物病院 』
入間市の動物病院『クラムボン動物病院』です。
飼主様に対しまして、フラットな関係と「対話」を基本とした診療をおこなっております。
飼主の皆様からの「報告・連絡・相談」が、当院の診療の基礎資料となります。ちょっとした変化が、大きな疾患を示唆することも多々ありますので、些細なことでも教えてください。

イチオシ情報

入間市の犬登録(鑑札の交付まで)を当院で行えるようになりました。ぜひ、ご利用下さい。

  • 普通の方のためにある病院です普通の方のためにある病院です
  • 大切にしているのは「ほうれんそう」大切にしているのは「ほうれんそう」
  • 診療に必要な情報は、まず「五診」から診療に必要な情報は、まず「五診」から

詳細情報

●普通の方のためにある動物病院です
クラムボン動物病院は、普通の方が楽しく動物と暮らすための情報を提供しつつ、いざという時には「ここに駆け込めばどうにかなるわ」と頼りにしていただける病院を目指しています。不安を煽らず、安心を提供します。
●大切にしているのは「ほうれんそう」
飼主の皆様からの「報告・連絡・相談」が、クラムボン動物病院の診療の基礎資料となります。
●診療に必要な情報は、まず「五診」から
五診=「視診・問診・触診・聴診・打診」が医療の基本です。
●検査について
レントゲン検査・血液生化学検査・簡易細胞診を行っております。
・病理組織検査:アマネセル
・血中薬物濃度・内分泌・抗体検査等血液特殊検査・結石分析等:モノリス
・MRI・CT等:キャミック
・鳥類の遺伝子検査等:CBL

●診療と看護
まず、的確な確定診断と、それに基づいた治療が基本です。
病気には「付き合っていく」タイプの病気も多い。
自宅で気楽に取り組め、病気持ちでも楽しく生活できるような看護法を提案します。

●しつけについて
特に子犬を飼い始めた方、「しつけしなくちゃ」と目を吊り上げる必要はありません。
飼い始めたら、早めにご相談下さい。

●介護について
長生きすれば、介護は必然。
介護=苦労にならない知恵のあれこれを提案します。

●施設の特徴
小さい病院です。
臭わない病院です。
滑らない病院です。
明るい病院です。


【診療対象】
 犬・猫・フェレット・ウサギ等小動物・鳥・爬虫類
【診療時間】
 午前9時~12時
 午後4時~ 7時

 電話予約は不要です。
【休診】
 水曜・祝日・土日午後
【往診】
 あり(原則として午後。要電話予約)
【夜間診療】
 当院患者のみPM10:30まで受付(要電話予約:診察券番号をお知らせ下さい)
【対応保険】
 アニコム・アイペットに対応しています。
 加入者の方は診療の際に保険証券を必ずお持ち下さい。

【ホテルについて】
宿泊対象は原則として、患者さんのみになります。
(獣医師の管理が必要な動物に限ります。)
宿泊料は、動物種・大きさを問わず、全て同一料金となります。
料金:¥4,200/泊(退室が正午を回ると半泊分が追加されます)
チェックアウトが正午を過ぎると、半泊分の料金が追加されます。
宿泊条件 原則として予約制
宿泊期間より1年前までに混合ワクチンの予防接種を済ませていることが条件です。
未接種の場合には、宿泊1週間前までに接種を済ませてください。

※獣医療についての相談等をお寄せ下さい。


≪診療内容≫
健康診断、外科手術、投薬治療、予防接種、その他
≪院長名≫
石井美樹子

【ご案内】
獣医師:女性1名
保険:動物医療保険取り扱い
保険種類:アニコムどうぶつ健保、うちの子健保
往診:可
入院設備:有
ペットホテル:有
診療情報開示:有
各種相談:飼育相談、しつけ相談、繁殖相談、里親募集、カウンセリング、健康管理相談、栄養相談
備考:一時預かり


クラムボン動物病院
TEL 04-2963-5359

埼玉県入間市久保稲荷3丁目3-14
ホームページはコチラ
  • レントゲン検査・血液生化学検査・簡易細胞診レントゲン検査・血液生化学検査・簡易細胞診
  • 犬・猫・フェレット・ウサギ等小動物・鳥・爬虫類犬・猫・フェレット・ウサギ等小動物・鳥・爬虫類
  • 獣医療についての相談等をお寄せ下さい。獣医療についての相談等をお寄せ下さい。

二次元バーコード

クラムボン動物病院2次元バーコード