文字サイズ

ナカヤマシカイイン

中山歯科医院

土曜も16時まで診療いたします。/P有り

お電話はこちら

028-634-8498

当院では患者さまひとりひとりに合った歯磨きの仕方・治療・その後のケアを大切と考え、残っている歯を少しでも長くもたせられる様な医療を提供しようと治療を行っています。また、8020運動(80歳で20本の歯を残す)・スポーツマウスピース相談などにも力を入れています。お気軽にご相談ください。

お知らせ

★当院では患者さんの治療の希望をしっかり聞いて双方相談をしてからの治療になりますので、初診時は時間がかかる事があります。
痛みがあるときは、その治療を優先させます。
★歯医者さんのマウスピース相談
スポーツだけではなく、いびきと睡眠時無呼吸症候群防止のため、顎関節症の治療のためと歯科医が相談するマウスピースは治療器具としても活用されております。

  • 院長 中山 一郎院長 中山 一郎
  • エントランスエントランス
  • 待合室待合室

詳細情報

●ホワイトニング相談
中山歯科医院では「ホームホワイトニング相談」をおすすめしています。

●顎関節症の治療
主な症状は5つあります。
・あごが痛む
・口が大きく開けられない
・あごを動かすと音がする
・噛み合わせにある
・口を完全に閉じることができない

治療で用いられるマウスピースは、歯にぴったりと装着する器具で、装着してしまえば、一見してマウスピースをしていることは分かりません。主にあごの筋肉の痛みと、その緊張を和らげるために使用されます。薄いプラスチック製のスプリントを上あごの歯か下あごの歯にかぶせて、噛みあわせが均等になるように調整します。

●スポーツマウスピース相談
市販されているものがありますが、自分で製作し歯に合わせるものが多く、口を開けるとずれたり、外れたりする事が多く見られます。いざという時に機能しないばかりか発音がしにくく、噛み合わせがずれていることが多く、顎の関節を悪くしたり、プレーに集中できなかったりと不都合なことが多く聞かれます。
歯科医院ではこれらのことを十分考慮して相談しておりますので、顎の関節にやさしいだけでなく、プレーに集中することが出来ます。

●睡眠時無呼吸症候群の治療
治療には簡易で効果の高い歯科装具と呼ばれるマウスピース(スプリント)を用いますので、手術の必要がありません。
効果・有効率は90%です。治療をご希望の方はご連絡ください。このスプリントは顎関節症の治療にも用いられます。

●入れ歯(義歯)
入れ歯も進化し次世代型は小型磁石の磁力で義歯を顎に装着させる相談が可能になりました。入れ歯に磁石を埋め込み、金具が無く見た目、機能性、快適性に優れています。
磁石式入れ歯相談
・見た目が自然で綺麗な入れ歯
・装着が簡単
・食事、会話が快適

※磁石を埋め込む歯がない、土台を埋め込む歯がない場合歯が大きく動く、抜けそうな歯、磁気アレルギーなどの方には使用できません。

  • 診察室診察室
  • レントゲン室レントゲン室
  • 技工室技工室

動画

二次元バーコード

中山歯科医院2次元バーコード