文字サイズ

コクワクラジンジヤシヤムシヨ

子鍬倉神社社務所

「県社」の愛称 
稲倉魂命をまつる衣食住の守り神

お電話はこちら

0246-25-2091

例祭:4月18日(祭典)、4月第4土曜日・日曜日(御神輿渡)
癒しのパワースポット
  • 4月例大祭神輿渡御 神輿2基がいわき駅前中心に渡御4月例大祭神輿渡御 神輿2基がいわき駅前中心に渡御
  • 2月3日節分豆まき 歳男歳女が裃を着て社殿で豆まき2月3日節分豆まき 歳男歳女が裃を着て社殿で豆まき
  • 消防出初式無火災祈願 伝統のはしご乗り奉納消防出初式無火災祈願 伝統のはしご乗り奉納

詳細情報

【祭神】
 稲倉魂命(ウカノミタマノミコト)

【例祭】
 4月18日(祭典)、4月第4土曜日・日曜日(神輿渡御)

【由緒】
 創建は、平安時代第51天皇の大同元年(西暦806年)と伝えられる。
 「延喜式内社」といわれる第60代醍醐天皇の御代の延喜式の神名帖に
 当神社の名があり、式内社磐城七社の1つである。
 現在は平の町の守りの神と崇められ、古くは、磐城四郡(菊多、磐城、磐前、樽葉)の
 総鎮守といわれ、また、平城守りの神の「平城三社」の1つとして歴代の平城主より
 深く尊崇を受け、神領の寄進を受けていた。
 氏子の人々は当時の唯一県社として、又この地方神社の最高峰として深く、
 崇め祀り、昭和21年社格制度廃止の後、現在においても
 「県社」の愛称で呼ばれている。

【年間行事】
 1月1日 歳日祭 元旦祈祷祭 いわきダルマの初売り
 1月第1土曜日 消防出初式 無火災祈願祭 はしご乗り奉納
 2月節分 節分祭 祭典の後豆まき
 4月18日 例祭祭典
 4月第4土曜日・日曜日 例祭神輿渡御

【境内神社】
 秋葉神社 祭神 迦真士神(防火神) 例祭 10月中旬の日曜日
 菅社天満宮 祭神 菅原道真公(学問の神) 例祭 7月25日に近い日曜日
 秋葉神社 天満宮は平紺屋町の守護神 大正10年に町内より現在地に遷座された。
 金刀比羅神社

【社殿でのご祈祷】
 諸祈願、随時受付中です。
●自動車祓い・初宮詣・七五三詣・結婚式・成人祭
●家内安全・商売繁盛・厄除け・安産祈願・交通安全・病気平癒・身体堅固
 合格祈願・学業成就・必勝祈願・良縁成就・災難除けなど
 歳祝い(古希・喜寿・米寿・白寿)

[厄除け]
 数え年で男性25歳・42歳・61歳、女性19歳・33歳・37歳・61歳。
 特に男性の42歳と女性の33歳は大厄ともいわれます。

[受付時間]
 午前9時より午後4時30分
 受付時間は午前9時より午後4時30分ですが、電話では時間外でも受付します。
 又、ご祈祷についても時間外に電話等予約により受付致します。
 年中無休

[駐車場]
 境内内に駐車可能

[出張祭典]
 地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭(火入式)・各種清め祓い

[場所]
 〒970-8026
 福島県いわき市平字揚土30
 電話 0246-25-2091/FAX 0246-23-6810
 いわき駅より徒歩5分
 平第一小学校隣

動画

二次元バーコード

子鍬倉神社社務所2次元バーコード