日帰り白内障手術ならなべしま眼科クリニック

日帰り白内障手術実績 年間464 (平成30年度実績)
網膜・硝子体手術実績 年間73 (平成30年度実績)
流涙症手術実績 年間113 (平成30年度実績)
その他(眼瞼下垂手術、斜視手術等) 年間101(平成30年度実績)

白内障とは?

白内障とは、さまざまな原因で、目の中の水晶体(レンズ)が濁ってしまう病気です。
濁った水晶体(レンズ)は光の透過性が低下するので、ものがぼやけて見えてしまい、視力が低下します。
汚れたレンズのカメラで写真を撮ることやメガネのレンズが曇っている状況とよく似ています。
白内障で濁ってしまった水晶体(レンズ)は点眼薬などの薬剤では透明に戻すことができません。
そのため手術が必要です。
手術中に痛みを感じることもほとんどありません。
より良い視力を得るためには白内障手術が必要と思われます。

手術の概略

【1.水晶体超音波乳化吸引術】【2.眼内レンズ挿入術】2つを同時に行います。
手術予定時間は10分弱です。

1.水晶体は水晶体嚢(すいしょうたいのう:水晶体の袋)と呼ばれる透明で非常に薄い膜に包まれています。
 手術ではこの膜を残して濁った中身だけを取り除きます。

2.残した水晶体嚢の中に眼内レンズと呼ばれる人口のレンズを入れます。
 眼内レンズを挿入することによってピントが合いやすくなりますが、より良い視力を得るためには眼鏡が必要になります。
 眼内レンズは生涯にわたり眼内に入れたままでお手入れの必要が無く、交換の必要も通常はありません。

白内障手術の説明会を開催しております。

説明会は当院の患者様だけではなく、
ご家族様も含め15~20人程で、月に1~2回開催しています。
時間は1時間程度です。
白内障の概要や治療方法、手術についてなど、
わかりやすく説明させていただきます。

眼に関することなら、なべしま眼科クリニックへご相談ください。

お電話はこちら

018-880-2227

【診療内容】
≪検査≫
●視力検査 ●眼圧検査 ●角膜検査 ●網膜検査 ●色覚検査 ●屈折検査 ●眼底カメラ検査
●視野検査 ●レントゲン検査 ●OCT(光干渉断層計検査) ●アレルギー検査(当日結果が分かります)

≪手術≫
●白内障手術(乱視用眼内レンズ、多焦点眼内レンズ有り) ●網膜・硝子体手術
●眼瞼下垂症手術 ●眼瞼内反症手術 ●流涙症手術 ●緑内障手術

≪治療≫
●緑内障レーザー治療 ●網膜レーザー治療 ●後発白内障レーザー治療 ●花粉症 ●アレルギー性結膜炎
●ドライアイ ●ものもらい ●加齢黄斑変性症 ●眼底出血 ●流涙症 ●眼瞼けいれんボトックス治療

≪その他≫
●眼鏡処方 ●コンタクトレンズ処方 ●ご家族の手術見学 ●手術室はクラス10,000の最高レベルのクリーン度
●ZEISS製天吊り手術用顕微鏡 ●白内障・硝子体手術同時施行可能な手術器械
●先進医療(混合診療)多焦点眼内レンズ 片眼(400,000円程度) ●眼科用サプリメントあります