文字サイズ

ナマハゲカン

なまはげ館

出かけませんか? 
なまはげに出会う旅へ

お電話はこちら

0185-22-5050

「泣く子はいないか~?」
「怠け者はいないか~?」

でおなじみの「男鹿のナマハゲ」
当館は展示品や映像で「男鹿のナマハゲ」を詳しく紹介しております。

イチオシ情報

国指定重要無形民俗文化財の「なまはげ」に会いに来てけれ~(秋田弁で「~ください」の意味)!

  • なまはげ勢ぞろいなまはげ勢ぞろい
  • 男鹿の風土を体感:民具の展示・映像等男鹿の風土を体感:民具の展示・映像等
  • なまはげの姿やしきたりをご覧いただけますなまはげの姿やしきたりをご覧いただけます

詳細情報

■なまはげ館■
 民俗行事として全国的に知られる「なまはげ」。
 しかし、なぜこの風習が男鹿に生まれ根づいたのか・・・
 そこには今なお多くの謎が残されています。
 「なまはげ館」はそんな歴史のミステリーと「なまはげ」のすべてにふれられる空間です。


【なまはげ勢ぞろい】
 男鹿市内各地区の150枚を超える多種多様ななまはげ面が勢ぞろい。
 圧巻の迫力です。


【真実のなまはげを伝えてくれる】
 男鹿に生き続けるなまはげ行事の姿やしきたり、伝承する人の精神を大型スクリーンで上映します。
 『なまはげの一夜』 午前8時30分より30分おきに15分間上映。


【男鹿の風土を体感】
 「なまはげ」を生み、育み、伝承してきた男鹿特有の風土をパソコン検索装置などで紹介します。

【石川 千秋 なまはげ面づくりの実演】
 なまはげ彫師「石川 千秋」によるなまはげ面の手彫りを実演。
 (週3~4日/不定期)


▼お問い合わせはこちら▼
TEL:0185-22-5050


■男鹿のなまはげ■
◇国指定重要無形民俗文化財(昭和53年)
 2018年12月にはユネスコ無形文化遺産に登録
 恐ろしい形相の鬼が大きな出刃包丁を片手に「ウォー、ウォー、泣く子はいねがぁ」と奇声を上げながら集落の各家々を練り歩く・・・。
 一年に一度訪れて悪事に訓戒を与え、災禍を祓い、祝福を与えて去るといわれる「なまはげ」は、年の節目としての年越しの夜(12月31日)にやって来る「神」とも言われています。


■入場料(税込)
○大人 540円
○小中高生 270円
※2019年10月1日より変更になる場合がございます。


★「なまはげ」に変身できるコーナーあり!
 みんなで変身してみよう!

  • なまはげ変身コーナーなまはげ変身コーナー
  • なまはげ面づくりの実演なまはげ面づくりの実演
  • お土産・グッズ販売コーナーお土産・グッズ販売コーナー

二次元バーコード

なまはげ館2次元バーコード