文字サイズ

タカハシチクミツガルジャミセンキョウシツ

高橋竹味・津軽三味線教室

盲目の高橋竹山初の内弟子、高橋竹味 養成&ライブ演奏

お電話はこちら

022-376-3292

  • 仙台市の三味線教室、高橋竹味・津軽三味線教室
≪津軽三味線・竹山流≫
個人指導・師範資格取得 ◆各種イベントでの演奏

イチオシ情報

★古くから伝わる津軽三味線を基本からしっかり学べます。
★「高橋竹味とその一味」によるライブコンサートがあります。
★高橋竹味は、今は亡き盲目の名人「高橋竹山」に初めて内弟子を許された秘蔵子で、
 竹山流総師範として門弟の養成を行っております。

  • 盲目の「高橋竹山」と共に盲目の「高橋竹山」と共に
  • 津軽三味線奏者 高橋竹味(ちくみ)津軽三味線奏者 高橋竹味(ちくみ)
  • 「竹味とその一味」 ライブ風景「竹味とその一味」 ライブ風景

詳細情報

【高橋竹味(ちくみ)の津軽三味線教室】
指導者
 竹山流総師範 高橋竹味(ちくみ)
住所
 宮城県仙台市泉区住吉台
指導形式
 個人指導
単位
 一単位 週1回30分 月4回
※師範の資格まで、竹味が責任指導致しますので、
 一度教室を訪ねてみて下さい。
 習う方にとって、指導者の選択が一番大切です。


【高橋竹味 プロフィール】
 高校2年生、民謡歌手登竜門である岩手知事杯王座を獲得。

 高校卒業と同時に今は亡き「高橋竹山」の初めての内弟子として、
 1967~1970年の3年間じっくり真髄を学び、1970年に独立。

 1971年、ビクターレコードより初代高橋竹山との共演によるLP
 「津軽三味線はうたう」を発表。
 現在もタイトルを高橋竹山決定盤と変えビクターレコードより発売されている。

 その後、竹山流総師範の許しを享け住居を岩手県釜石から
 宮城県仙台市に移し、門弟の養成にあたる傍ら、演奏活動を続けている。

 1982年には、日本コロムビアレコードのプレスによるシングル盤
 「三味線旅唄」をテーマソングとして制作。
 また「竹味のねぶた囃子」、「奥入瀬の風」、「蜃気楼」は、
 シンセサイザーとのセッションでダイナミックな構成になっている。

 1999年には、「竹味とその一味」を結成。
 竹味の津軽三味線らいぶは、音色の良さはもとよりアレンジの面白さで、
 大好評である。


【お問い合わせ先】
〓竹味コンサート企画〓
住吉台事務所・教室
 仙台市泉区住吉台東2丁目10-14 
TEL 022-376-3292

二次元バーコード

高橋竹味・津軽三味線教室2次元バーコード