文字サイズ

センダイヤマトマチノウゲカクリニック

仙台やまと町脳外科クリニック

みなさんの健康のために、笑顔のために

お電話はこちら

022-762-5681

≪仙台やまと町脳外科クリニックの特徴≫
(1)頭痛、めまい、物忘れ、手足のしびれ等を診療いたします
(2)対象疾患としては、脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍、生活習慣病です
(3)CT/MRIを駆使した迅速な診療を行います

生活習慣病:高血圧、高脂血症、高尿酸血症、肥満など

TEL 022-762-5681
  • 診察室診察室
  • 検査機器(MRI)検査機器(MRI)
  • 検査機器(CT)検査機器(CT)

詳細情報

院長:宇都宮 昭裕
 医学博士(東北大学)
 日本脳神経外科学会 専門医
 日本医師会 認定産業医
[所属学会]
 日本脳神経外科学会
 小児脳神経外科学会 
 日本老年脳神経外科学会
 日本頭痛学会
 日本抗加齢医学会


【頭痛】
CT/MRIによる適切な診断と治療が必要となります。
代表的な頭痛の分類と症状です。
(1)片頭痛(偏頭痛)
(2)筋緊張型頭痛
(3)混合型頭痛
(4)群発頭痛
(5)クモ膜下出血(生命が危ぶまれる)
(6)脳出血(生命が危ぶまれる)
(7)脳腫瘍(生命が危ぶまれる)


【めまい】
原因はメニエール病など内耳性疾患が一般的ですが、
脳梗塞や脳出血、脳腫瘍によることもあります。
めまいを繰り返す場合やめまい以外にも神経症状(頭痛、複視、嚥下困難など)が
ある場合は頭蓋内のCT/MRIによる画像診断が必要です。
(1)末梢性めまい
(2)中枢性めまい


【物忘れ】
記憶力は年齢を経るごとに低下してきますが、日常で物忘れが気になったり、
急速に進行する場合は脳の病気が隠れている可能性があります。
(1)認知症(アルツハイマー型認知症)
(2)脳血管性認知症
(3)正常圧水頭症
(4)慢性硬膜下血腫
(5)脳出血・脳梗塞・脳腫瘍


【言語障害・脱力・しびれ】
言語障害は言葉が酔っぱらった時のようにもつれる構語障害と
言葉が出なくなる運動性失語、言葉が理解できなくなる感覚性失語があります。
(1)脳梗塞
(2)脳出血
(3)慢性硬膜下血腫
(4)脳腫瘍


【生活習慣病】
生活習慣病とは、日常の食事や生活様式に起因するメタボリック(肥満)症候群を
代表とする病気です。
肥満に高血圧や高脂血症、糖尿病が合併し、日本人の3大疾病である脳卒中や
心臓病を誘発します。
当院では、脳卒中予防の観点から、
 生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満)も治療します。
(1)高血圧
(2)高脂血症
(3)糖尿病


【新患の患者さんへ】
電話で事前に診察予約をしていただくと、スムーズに診察できます。
原則、CTもしくはMRIは受診当日撮影し当日に結果をご説明します。
現在、他院にかかっている場合は処方されている薬を持って来て下さい。
※CT撮影:3分以下、MRI撮影:約20分 費用は概ね7000円です。

【再診の患者さんへ】
診察券を窓口に出して下さい。
保険証は一月ごとにご持参下さい。
再診予約をすると待ち時間が少なくて済みます。

  • 処置室処置室
  • 受付受付
  • 待合室待合室

二次元バーコード

仙台やまと町脳外科クリニック2次元バーコード