文字サイズ

アオバドオリエキマエオカモトクリニック

青葉通駅前おかもとクリニック

心療内科・精神科 
初診は予約制です。問い合わせ下さい。

お電話はこちら

022-722-0058

  • 心療内科・精神科 青葉通駅前おかもとクリニック
ストレス・不眠・イライラ・不安をともなう
神経症性障害(パニック障害・社会不安障害・強迫性障害)及び
うつ病・うつ状態の診療に力を入れております。

詳細情報

社会不安障害
社会不安障害(Social Anxiety Disorder 以下SADと略す)とは
主に大勢の人の前で話をすることが苦手で、不安を感じることであり、
それを恐れるためそういう状況を避けようとして出社や通学などが
できなくなり、日常生活に支障を来すことです。

他にも人前で食事ができない・偉い人と話をすることができない・
人前で字が書けないなどということがあります。
こういうとき顔が赤く(青く)なる・大量の汗をかく・頭の中が真っ白になる・
めまいがする・動悸がする・息苦しくなる・手足が震える・声が震える・
声が出なくなるなどの症状をともないます。

SADは「内気」や「恥ずかしがり屋」という性格の問題ではなく、
治療することが可能な病気です。
原因ははっきりと解明されてはいませんが、脳の中にある
「神経伝達物質」(セロトニン・ドパミンなど)の何らかの
変化によるものではないかと考えられています。

次にSADの診断についてお話します。

SADの患者さんの元々の性格が必ずしも「内気」や
「恥ずかしがり屋」とは限りません。
以前はこういうことはなかったのにとSADの症状を
訴える方もありますし、また、そういう症状があるにもかかわらず、
そのことを病気とは気付かず別の訴えで受診される方もあります。
例えば、不眠やうつの症状を訴えて受診された方にいろいろと
お聞きするとSADの存在をわかることがあります。

治療の方法には主に認知行動療法と薬物療法があり、
これらを組み合わせて治療を進めていきます。
認知行動療法とは、不安や恐怖が生じるために逃れたいと
思っている状況に立ち向かうことで克服する方法です。
薬を服用しながら試みる方が効果的です。
薬物療法には主にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
という抗うつ薬や抗不安薬が使われます。

  • 携帯サイトは上記バーコードからアクセスして下さい携帯サイトは上記バーコードからアクセスして下さい

二次元バーコード

青葉通駅前おかもとクリニック2次元バーコード