文字サイズ

タツピサキオンセンホテルタツピ

龍飛崎温泉ホテル竜飛

津軽最北端の地で
四季の津軽海峡を感じてみませんか。

お電話はこちら

0174-38-2011

  • 龍飛崎温泉ホテル竜飛
『本州日本海側最北端』に位置する当ホテルは
雄大な津軽海峡を目の前にし、
津軽海峡・日本海・北海道を一望できます。
また近隣には、青函トンネル記念館・
龍飛岬観光案内所(太宰治が宿泊した奥谷旅館)、
階段国道等観光地もたくさんありますので、
是非一度ご利用ください。

イチオシ情報

★北海道新幹線★平成28年3月26日開業しました。
『奥津軽いまべつ駅』から予約制無料送迎有り(片道約30分)。
どうぞご利用ください。

  • 客室(和室)客室(和室)
  • 客室(和洋室)客室(和洋室)
  • バリアフリールームもございますバリアフリールームもございます

詳細情報

◆津軽海峡が一望できる大浴場
 大浴場と露天風呂から津軽海峡が一望でき、
 運がよければ、北海道の山並み、函館山を見ることができます。
 龍飛崎温泉を飲むことができます。
 津軽の旅を楽しむ拠点として、どうぞご利用ください。

◆当ホテルで使われている電気
 当ホテルで使われている全ての電気は、
 風の力で発電機を回転させて電気をおこす大型風車と
 太陽光の力を電気に変える太陽光発電設備の2つの方法によって
 つくられております。
 風車も太陽電池も電気を起こす時に、地球温暖化の原因に
 なっています二酸化炭素(CO2)を全く出しません。
 風や太陽の力は、クリーンで尽きる事が無いという長所により、
 これからの発電に利用すべき新エネルギーとして大変注目
 されております。
 この地球からの大切な恵みである風や太陽の光を上手に利用して
 電気をつくることで、このきれいな空気、美しい自然の未来を
 守っていきたいと考えております。
 この発電所は、国の環境保護推進の一環として、
 経済産業省エネルギー庁より事業費の一部の援助を受けて
 建設されております。
 又、当ホテルで使う量よりも多くつくられた電気は、東北電力(株)に
 供給しております。

★津軽の旅を楽しむ拠点として、
 うぞご利用ください。

【客室】
 62室

【宿泊人員】
 120名様(団体120名様)

【ご宿泊料金】
■オンシーズン
≪平日≫11000円~15000円
≪休前日≫13000円~17000円
■オフシーズン
≪平日・休前日同じ≫9000円~13000円
※価格は全て消費税別となっております。
※入湯税は別となっております。
※オンシーズン期間 4月18日~11月10日

【館内設備】
◎当ホテルで使用している電力は、風の力で発電する風力発電設備と
 太陽光で発電する太陽光発電設備によってつくられております。
冷暖房完備
大浴場(男女 各1)
大ホール:「岬」
大広間:「龍皇」「龍麒」「龍鳳」
中広間:「青龍」
お食事処:「海峡」(11:30~14:30)
酒処 うずしお
コーヒーラウンジ
おみやげ処:「竜飛」
駐車場完備

  • 大浴場大浴場
  • 露天風呂露天風呂
  • あわびほたて焼あわびほたて焼

二次元バーコード

龍飛崎温泉ホテル竜飛2次元バーコード