文字サイズ

ユウゲンガイシャコウワセキザイコウギョウ

有限会社興和石材工業

釧路市で『デザイン墓』『墓じまいのご相談なら興和石材工業へ

お電話はこちら

0154-41-1183

  • 墓じまい・デザイン墓の建立
  • 紫雲台墓地近くに工場があります
  • お墓の改修・修理・積替
  • お墓参り・掃除の代行もしています
興和石材工業は紫雲台墓地入口にある石材店です
お墓の建立(デザイン墓)・お墓のリフォーム・墓じまい・お墓のクリーニング 記念碑の建立 五輪塔 などご供養についてご相談ください
デザイン性に富んだ墓石や竿や花瓶に花を彫った美しいお墓など、お客さまの故人への想いをかたちにするお手伝いをさせていただきます
  • デザイン型 石種G635/ニューインペデザイン型 石種G635/ニューインペ
  • 和洋型 石種M-10 和洋型 石種M-10 
  • 二世帯洋型 石種 本体アーバン 外柵623二世帯洋型 石種 本体アーバン 外柵623

詳細情報

紫雲台墓地に隣接する工場をもち、ご希望に添えるように準備しております
紫雲台墓地で『お墓の建立・墓じまい』など、お墓の事なら興和石材工業にご相談ください

興和石材工業はお客さまの『想い』をたいせつにいたします
お墓とのかかわりを考える機会は一生のうちでそう何度もあるものではありません
お墓の建立・リフォームであれば費用もかかりますからお悩みになるでしょうし、先祖代々のお墓はこころのよりどころとされていますからかかわる方々のお気持ちを慮ってしまうことでしょう
興和石材工業は豊富な経験で、そんなお客さまのお悩みや不安を解決するお手伝いをいたします

  釧路市 紫雲台墓地近くの立地を活かしたお手伝いが可能です
興和石材工業は釧路市 紫雲台墓地近くに工場を所有していますので
1.紫雲台墓地へ石材を運ぶコストが安くなる
2.紫雲台墓地への修理・修復を迅速にできる
3.遠方ですぐにお墓に行けない方へ
フォローが可能
紫雲台墓地で、お墓の建立・墓じまい・お掃除の代行・お参りの代行などご供養のことなら興和石材工業へご相談ください

春のお彼岸のお参りの際は雪よけなどもしています。お墓参りに行ってみたら『ろうそく台がこわれていた!』などもあるかと思います
興和石材工業は紫雲台墓地近くですから、お困りの際はご連絡ください

釧路市の興和石材工業では墓じまい・建立や掃除・お参りの代行など、ご供養に関することのご相談に応じます
興和石材工業 0154-41-1183
釧路市 紫雲台墓地入口

『 墓じまい』
  墓じまいってなに?
墓じまいとは、お墓をかたづけて更地にし、お寺や霊園、墓地の管理者(市町村)に敷地をお返しすることです。墓じまいをすることでお骨を納めていたお墓がなくなってしまいますから、ご先祖さまのお骨のお引越しが必要になります

  先祖代々のお墓をなくしてしまうの?
大家族の中で生まれ育ち、生まれた地域で一生を終えるのが普通というかたちが、現代では少数派になりました。そのため『お参りにいくのが1日がかりなので気軽には行けない』『複数の維持・管理をしなくてはいけないので大変』『跡を継いでくれる人がいない』ということも珍しくないのです。そのため、たいせつなお墓だからこそ『無縁墓として荒れてしまうより、今自分の代できちんと墓じまいをしよう』という考え方もあるのです

  みなさん、どんなときに墓じまいをかんがえるの?
身体を悪くして、なかなかお墓に参れなくなってしまった
自分に子どももいないし、跡をつぐ人がいない
故郷に親の墓があるけれどお墓参りにいくための移動が大変
将来、お墓の管理で子どもや孫に苦労をかけたくない

などさまざまですが、『墓じまい』にはお墓との関係に向き合う気持ちが根底にあります
墓じまいはお墓との関係に一区切りをつけるものです。墓石を撤去してしまうので『ご先祖さまに申し訳ない』お気持ちもあると思いますが、墓じまいは『せっかく今まで受け継いできたお墓を無縁墓にしたくない』『子孫にとって維持・管理が負担にならないように』という、あなたの過去・未来への思いやりでもあります

  墓じまいの良いところとは?
墓じまいでは、『お墓を解体・撤去』するのでその後の維持管理の手間や費用がなくなります
そのため、お子さん・お孫さんの代への負担を減らすことができます
墓じまいをした後に散骨や改葬をすることも可能ですので、供養に関して考えるきっかけになります

  墓じまいの大変なところは?
抜魂式や撤去作業・お寺さん・親戚とのやりとりなど、墓じまいには手間や費用がかかります

  墓じまいの具体的なながれって?
お墓には遺骨が収まっています
お骨はご遺体の一部とされますので、勝手に移動をしたり、無届でお墓ごと遺骨を撤去することはできません
墓じまいにはしかるべき手続が必要ですのでおおまかなながれをご紹介します

1.墓地の管理者へ墓じまいすることを届けます
寺院墓地ならお寺へ、霊園・墓地ならば、市役所・役場・管理事務所へ「墓じまい」することを届けましょう
別の移転先へ改葬する場合は「改葬許可証」、新しいお墓に移す場合は先方からの「受入証明」「埋葬証明」などが必要となります

2.閉眼供養
墓じまいをおこなうためには墓石を動かさなくてはいけませんが、ご先祖さまの魂が宿ったままではできません
そのため、お坊さんにお願いして魂を抜いていただき、墓石を単なる物体にすることを「閉眼供養」といいます

3.解体・撤去などの工事
お墓の敷地を市町村・霊園やお寺にお返しするするために、全てを撤去し、更地にします
墓じまいの際の撤去費用は、墓地の広さ、墓石の大きさや量、撤去作業の方法や工数(クレーン車やトラックを使うことが容易かなど)によって変わってきますのでまずは興和石材工業にご相談ください

4.遺骨のお引越し
墓じまいのあと、遺骨を供養する方法は永代供養・散骨などの選択肢があります

永代供養(合祀・合葬)
永代供養の良いところ…
最初に費用を払えば、その後の費用は発生しません
跡を継ぐ方がいなくなっても、供養してもらえます
遺された方が永代供養の場所へお墓参りすることができるためこころのよりどころとなります
気をつけるところ…
最初に費用がかかります
他の方の遺骨と混ざります

散骨(許可の取れる所のみ)
良いところ…
お骨を手放すので、将来的にわたって費用・管理の手間などが発生しません
気をつけるところ…
すべてのお骨を散骨してしまうと、こころのよりどころをなくしてしまうかもしれません

納骨堂・手元供養
良いところ…
他の人の遺骨と混ざることがない
身近で供養できる
手元供養は遺族の裁量で供養でき、費用もあまりかからない
気をつけるところ…
納骨堂は永代供養料だけでなく年間の維持管理費がかかります
納骨堂も手元供養も供養する人がいなくなったときに、どうするか考える必要があります

『先祖を弔う気持ちはたいせつにしたい』『先立つ人や残される人のことを真剣におもいやる』からこそ墓じまいという選択もあります
お墓がなくなることで、お手元での供養など、新しい選択肢もうまれます
供養のかたちが多様化することで、自分のライフスタイルにあったかたちを選択できますから、無理をせずに供養することが可能になります

お骨を移動する際、お骨を乾かし、キレイな状態にして、ご希望の内容(壺・木箱・白布)等に入れて、お渡ししています。

墓じまいに関する心配・疑問に石材店としてお応えいたします
興和石材工業 0154-41-1183(釧路市紫雲台墓地入口)

興和石材工業はお客さまのご希望にそったデザイン墓の設計もしています
『インターネット等で見かけたお墓を建てたい』『故人らしいデザインにしてほしい』などご要望をおきかせください

お墓の建立、お墓のリフォーム・修理(草が出にくい様にコンクリート施工、積替)、墓じまい・お引越し、納骨の立会い、戒名(法名)等の彫刻、すみ入れ、砂利引替、お墓参り・掃除代行、その他お墓の事なら
有限会社 興和石材工業
〒085-0812 北海道釧路市紫雲台1番6号(紫雲台墓地入口)
電話 0154-41-1183
携帯 090-3111-4871(担当 二色)
土・日・祝日も営業しています(3月~11月の期間)
  • 故人が使用していたギターを彫刻故人が使用していたギターを彫刻
  • 故人が最後に乗っていたセルシオを彫刻故人が最後に乗っていたセルシオを彫刻
  • 建主・故人の好きな言葉や座右の銘を彫刻建主・故人の好きな言葉や座右の銘を彫刻

動画

二次元バーコード

有限会社興和石材工業2次元バーコード