文字サイズ

ミョウホウジ

妙法寺

<日蓮法華経宗>
葬儀・法事・仏事のご相談はお気軽に!

お電話はこちら

0155-34-7777

今でも髪がのび続ける  子授け   安産   子育ての神 
御祈祷本尊
生髪鬼子母尊神奉安 帯広山 本山 妙法寺

正しい先祖供養をご指導しております 

詳細情報

住 職  澤田 寛徳 (澤田長右ヱ門)
      北海道夕張郡栗山町に生まれる
昭和57年3月 法華経を広めようと妙徳堂を開堂
昭和58年10月 木彫りの生髪鬼子母神立像が完成し、入魂式を行う
          (造立以来頭部に植え込んだ髪の毛が昭和59年暮れには床に這うまでになる)
昭和60年2月21日 本尊の日蓮聖人奉納にあわせ、生髪鬼子母神の断髪式を行う。
            地元の新聞・テレビで報道される。
昭和60年8月 帯広山妙法寺建立

郷土史研究家
社会問題研究家


鬼子母神とは
元の名は訶梨亭夜叉(かりていやしゃ)と呼ばれ、人間の子供を奪っては食べる鬼女。
           ↓
お釈迦様は怒って訶梨亭夜叉の1万人もいる子供のうちで一番下の最も可愛がっていた子を鉢の中に隠した。
           ↓
鬼子母(訶梨亭夜叉)は大騒ぎし、胸が張り裂けんばかりになってお釈迦様のもとにやってくる。
           ↓
「お前は一万人もいる中の一人の子供がいなくなっても大騒ぎして悲しんでいる。
しかしお前は人間の数少ない子供をさらって食べているが、その親の気持ちはどうなのか考えてみよ」
           ↓
鬼子母は自分の非を悟り、悔い改めてお釈迦様に帰依した。
人肉を食べたいという気持ちが起きたらこれを食べよと石榴(ザクロ)の実を与え、法華経を信奉する行者の保護を命じた。



◆帯広山妙法寺
  帯広市柏林台南町1丁目40  Tel (0155)34-7777

動画

二次元バーコード

妙法寺2次元バーコード