文字サイズ

ファゼンダフジタ

ファゼンダ藤田

油糧作物、カメリナの潜在生産力を研究します。

お電話はこちら

0138-84-5708

ファゼンダ藤田では
油糧作物、カメリナの潜在生産力の発現を研究し
特に生産能の支配要因の解析を行っています。


抗酸化作用を生かした食品に
次世代のバイオディーゼル油・ジェット燃料として
カメリナの可能性を探求していきます。

イチオシ情報

カメリナを原料とするバイオディーゼル油ジェット燃料は
大気へのCO2放出を80%も減少させることがわかっています。
私たちは、環境を救う次世代のクリーンエネルギーとして
これからもカメリナ油の可能性を追求していきます。

  • カメリナ種子販売カメリナ種子販売

詳細情報

カメリナの特徴と利用

カメリナ・サディバ(和名:ナガミノアマナズナ)
Camelina sativa
アブラナ科 Brassicaceae
アマナズナ属 Camelina


「カメリナ・サディバ」あるいは単に「カメリナ」と呼ばれる植物で小麦の輪作作物として知られる。
ヨーロッパ(スイス・ギリシャなど)で3千年間に渉って栽培され近年では、アメリカ、カナダ等で栽培されている。
種子から絞られる油は、カメリナ油(False flax oil)として食用、またバイオディーゼル燃料の原料としても近年注目されている。

≪用途≫
1.バイオディーゼル油・ジェット燃料
カメリナ油はジェット燃料としても利用可能で大気へのCO2放出が
80%減少(2009年以降)
低温下で固化し難い(不飽和脂肪酸の低融点のため)。

2.食品として
1)子実成分:ω-3脂肪酸(脂肪酸の38~45%)
アマでは60%、キャノーラで6.6%)。
2)子実に高濃度のビタミンE:高い抗酸化能
カメリナ油の酸敗防止。
3)子実に抗ガン作用を示す成分を含む(Das et al.2014)



ファゼンダ藤田では、油糧作物、カメリナの生産および研究を行っています。
2011年から日本では初めて栽培を開始し、2014年には約3トン・ヘクタールの子実収量を達成しました。



カメリナ製品
種子購入希望のお客様は要相談

【amazonにて販売中】カメリナ種子 函館北斗産
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss


【カメリナオイル】
熱に強く、多くの料理に利用できます。
αーリノレン酸を多く含むので健康維持に最適です。


代金引換で通信販売も可能です。

送料は地域によって異なります。
直接0138-84-5708にご連絡ください。
電話受付時間/9:00~17:00
  • バイオディーゼル燃料の原料にも…バイオディーゼル燃料の原料にも…
  • 2014年発芽状況・5月30日面積35アール2014年発芽状況・5月30日面積35アール
  • 栄養生長(播種後23日、6月15日)栄養生長(播種後23日、6月15日)

二次元バーコード

ファゼンダ藤田2次元バーコード